FC2ブログ

Zeiss 沼29丁目

今後このタイトルでは、カメラネタ全般を取り扱うこととします。
カメラや写真の深淵を知らしめてくれたのが Carl Zeiss であるということには変わりありませんので。


というわけで、Carl Zeiss以外のカメラネタの第1段はコレです。
(あまり続けたくは無いのですが.....)


[Olympus XA: Cover closed]
OlympusXA01a




Olympus XA。
かれこれ25年ぐらい前になりますでしょうか。
このカメラをポケットに入れて、随分と色々なところに行きました。
学校のサークル活動(非写真サークル)の活動状況(記録作成)や、友人たちとの旅行に使っていました。

このカメラ、機構や歴史はつとに有名ですので、詳細は他に譲るとして、今回このカメラを手に入れるに至った心境をば。

実のところ、Olympus XAは「そのうちまた使いたいカメラ」ではありました。
・コンパクト: どこにでも持ってゆける
・レンジファインダー: ピントは自分がする
・f:35mmなレンズ: 小生のスイートスポット


我が家には四半世紀前に自分が使っていたXAもあるのですが、壊れて使えない状態になっていました。
・露出計が機能不全(想定、露出計の窓が曇ってしまった)
・プログラムAEなので、露出計が機能しないとシャッタースピードは不適切
・ファインダー内はゴミが入っていて、かつ大きく曇っている(多分、カビ)

このカメラのウイークポイントですね、きっと、この露出計。


中古カメラ店や中古カメラ市では、CONTAX製品をメインで探しつつも、横目ではXAを不思議と探していました。
とは言えあるのは、後続機の XA2 が多いのです。
XAの好評を得て実際にブレークしたのがXA2だからなんでしょうけれど、XAとXA2は大きく異なるのです。
・XA2はレンジファインダーではない(ゾーンフォーカス)
・年数が経っていて(発売開始は1979年!)、また、小型ゆえ随分と使い込まれた機体ばかり


この日も、その店に並んでいるXAの存在確認だけして立ち去ろうと考えていました。
2月末に中古カメラ市があるので、その時に出品されたものを見て決めようと考えていたこともあります。
ならば、中古カメラ市で即決できるように、この店の商品を品定めしておく必要がある、なと。(ここが、普段と違っていたのですね、今から思えば)
をぉ、ガラスには「今週末までこの中の商品は1割引です」との紙が貼ってあるではありませんか。(更に安く手に入るかも、という誘惑もあった、かなと)
いやいや、見るだけ....
店員を呼んで、ショーウィンドウにあるXAを片っ端から見せてもらうことにしました。(店員を呼んだ時点で、もう....)
・これは二重像がゆるい(ピントが合わない、合わせ辛いのは論外)
・これは傷がひどい(使い込まれている、手に入れるならキレイな個体が...)
・これは付属品が揃っているだけ(無駄に値段が高いのもイラナイ)

品定めしていると、ひとつ程度のいいものが。
二重像もしっかりとしていて、外観も比較的キレイ。
カウンターに持っていって、動作チェック。(あぁ、カウンターに持って行っては、もうだめ....)
電池を入れて、露出計とプログラムAEを確認。
・ISO400に合わせて、F=2.8 に設定、蛍光灯を見る(おおよそ 1/1000秒になるはず...)
・1段絞って F=4.0 に設定すると、シャッタースピード表示がぎりぎり 1/500秒になる(うんうん、合っているねぇ~)
・更に1段ずつ絞ると、シャッタースピード表示が半分ずつに移動する(おぉー、いいじゃないですか~)
・CONTAX RTS をしのぐようなフェザータッチのシャッターボタンと、シャッターの音:クチンッ も良好(更に、いいねぇ~、この感じ)

裏ふたを開けると、結構きれい。
ISO感度を最低(ISO25)にして、表の露出計を指で押さえて、シャッタースピードを落として、シャッターを切る....、レンズもきれい。

ココまできて再度、値段を確認、割引セール価格だと、ほぼキリのいい数字。(もう手に入れるときの言い訳を考え始めている....)

ま、まずい。
逡巡すること30秒....
店員さんに、「これもらっていきます」と言ってしまっていました。(ココまでくると、この言葉を発するのは必然、ですな)



[Olympus XA: Cover opening, ready to go]
OlympusXA01b




持ち帰って、よく観察。
全体的にキレイですが、年代が年代だけにモルトがかなり疲れています。
ぼろぼろになる手前ぐらい。
早速、ジャパンホビーツールで、モルトを手配。
遮光に問題が出てきたら、即直すこととしましょう。



[Olympus XA: Coating on Lens]
OlympusXA01c




それと、このXAのウィークポイントだと思うのが、ストラップ。
オリジナルは、裏ふたのヒンジのシャフトに取り付けるようになっています。
余りに強く扱うと、ヒンジが曲がって、裏ふたが開けにくくなるし、遮光性も落ちようというもの。
現在オリジナルに代わるストラップということで、思いついたのが三脚固定用穴。
ということで、早速、三脚穴を使ったストラップを入手(350円ね)、オリジナルはあっさり取り去り、手持ちの自工皮革で :-)



[Olympus XA: Strap using bottom screw]
OlympusXA01d




話が長くなったので、ここらでこのXAで撮影したフィルム1本目の画像から。
どうやら露出機能はOK、ピントもきています。
曇天ゆえ、全体的にメリハリの無い絵にはなっていますが、描写もいい感じなのではないでしょうか。



[Olympus XA 試写1a]
XA試写01a
Olypmus XA + F-Zuiko 35/2.8, Kodak Portra 400
Scanner: CanoScan 9000F + Silverfast SE plus



[Olympus XA 試写1b]
XA試写01b
Olypmus XA + F-Zuiko 35/2.8, Kodak Portra 400
Scanner: CanoScan 9000F + Silverfast SE plus



[Olympus XA 試写1c]
XA試写01c
Olypmus XA + F-Zuiko 35/2.8, Kodak Portra 400
Scanner: CanoScan 9000F + Silverfast SE plus



[Olympus XA 試写1d]
XA試写01d
Olypmus XA + F-Zuiko 35/2.8, Kodak Portra 400
Scanner: CanoScan 9000F + Silverfast SE plus




さて、ロリカメ、という言葉が一部ではやっています。
コンパクトフィルムカメラ、という定義になろうかと。
いつもお邪魔しているブロガー兼銀塩フィルム屋さんのとある記事とそのコメントから始まったコトバ。


110フィルムカメラなんて、ある意味究極のロリカメもありますが(小生も子供の頃、親にねだって Kodakのを買ってもらった記憶あり)、小生的にはこれが限度かと。
と、宣言すると大体破ってしまうので、あまり断言したくは無いのですが....

tag : Camera.Olympus-XA Lens.F-Zuiko35/2,8 Films.PORTRA400 街.大森・蒲田 街.品川・大井町

コメント

非公開コメント

おめでとうございます

XA ついに手に入れたんですね~。
って、だいぶ前から言ってたような。:-)

OM 使ってみたいなぁとは思っているのですが、なかなか機会がないですね。
そんな機会はない方が良いというハナシもありますが。(笑)

No title

2012年、まずはいい出会いがありましたね。おめでとうございます。
モルトを貼りなおしてやったりすれば、愛着も深まるでしょうね。

Re: おめでとうございます

kt2さん、コメントありがとうございます。

> XA ついに手に入れたんですね~。
> って、だいぶ前から言ってたような。:-)

確かに随分前から言っていましたっけ。
ともあれ、程度のよい個体を手に入れることができました。

> OM 使ってみたいなぁとは思っているのですが、なかなか機会がないですね。
> そんな機会はない方が良いというハナシもありますが。(笑)

念ずれば通ず、ですよ :-)

Re: No title

binbiiluさん、コメントありがとうございます。

> 2012年、まずはいい出会いがありましたね。おめでとうございます。

ありがとうございます。
あまりにいい出会いがありすぎると、機材ばかりになって使い切れなくなってきそうです。
現に最近は RTS や Hologon を使わなくって、もったいないお化けがでそうです~

> モルトを貼りなおしてやったりすれば、愛着も深まるでしょうね。

現状でなんとか使えそうなので、モルトは手に入れておきましたが、処置はしていません。
ストラップを替えることで、随分と愛情は深まっていますよ。
プロフィール

Weekend Outdoors

Author:Weekend Outdoors

検索フォーム
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
タグ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
参加しています
にほんブログ村