FC2ブログ

冬の桜並木

[冬の桜並木 1a]
冬の桜並木01a
Zeiss Ikon + Tele Tessar T* 85/4ZM, Kodak Tri-X 400
Self Developmnet
Scanner: CanoScan 9000F + Silverfast SE plus



最近は元旦から営業しているお店があるかと思うと、正月2日から動物園や博物館が開いているのですね。
というわけで、お正月早々から国立科学博物館に出掛けてきました。


[冬の桜並木 1b]
冬の桜並木01b
Zeiss Ikon + Tele Tessar T* 85/4ZM, Kodak Tri-X 400
Self Developmnet
Scanner: CanoScan 9000F + Silverfast SE plus



[冬の桜並木 1c]
冬の桜並木01c
Zeiss Ikon + Tele Tessar T* 85/4ZM, Kodak Tri-X 400
Self Developmnet
Scanner: CanoScan 9000F + Silverfast SE plus



お目当ては、夏に行ったときに見ることができなかった地球館の最下層にある宇宙関係の展示。
勉強になったのは、冥王星が太陽系の惑星から外された理由と、月食と日食の仕組みが体感できたこと、です。
月食と日食の仕組みは、学習コーナーのコンソールつきの画面のところで、太陽や地球、月の位置関係を自分で変えることができるトラックボールとボタンを使うことで、まさに体感ができるのです。
なぜ金環食になるのか、皆既食になるのか、また、皆既月食は11年ごとぐらいにしか起こらない事象なのかが、トラックボールを動かすとよく分るんです。
コレに満足したので、はっきり言って、ここだけ見て、帰ってきちゃいました。


で、写真の方はといえば、館中では撮らずに外に出てきてから、ということで。
もちろん、レストランに行ったり、お土産コーナーで実験キットを買ったりしましたけれど。



ちなみに、冒頭の写真は、いつもお世話になっているフォトカノンの Photo Puzzule #6:冬 に出展しております(小生の子供ともども)。
まだ出展は間に合いますし(1/29まで受付)、お近くに行かれた折には、是非ともお立ち寄りいただければと思います(会期は2/3から2/15)。
近くにこじゃれたお店もありますし、一杯やっかのお店、温泉もありますよ。

tag : Camera.ZeissIkon Lens.TeleTessarT*85/4ZM Films.Kodak-TriX400 街.上野

コメント

非公開コメント

プロフィール

Weekend Outdoors

Author:Weekend Outdoors

検索フォーム
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
タグ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
参加しています
にほんブログ村