FC2ブログ

Vitamin Flowers 23

[Vitamin Flowers 23a]
VitaminFlowers023a
Zeiss Ikon + TeleTessar T* 85/4 ZM, Kodak E100G
Scanner: CanoScan 9000F + Silverfast SE plus



久々にリバーサルフィルムを使ってみました。






[Vitamin Flowers 23b]
VitaminFlowers023b
Zeiss Ikon + TeleTessar T* 85/4 ZM, Kodak E100G
Scanner: CanoScan 9000F + Silverfast SE plus



[Vitamin Flowers 23c]
VitaminFlowers023c
Zeiss Ikon + TeleTessar T* 85/4 ZM, Kodak E100G
Scanner: CanoScan 9000F + Silverfast SE plus



[Vitamin Flowers 23d]
VitaminFlowers023d
Zeiss Ikon + TeleTessar T* 85/4 ZM, Kodak E100G
Scanner: CanoScan 9000F + Silverfast SE plus



理由は、LomoKinoで撮影して、LomoKinoScopeで見てみたかったから。

確かにスライド、というか、パラパラマンガ状態。
色も反転せず、楽しめます。


始めて自分のカメラとして一眼レフ、Canon EOS Kiss を持った頃、リバーサルフィルムを良く使っていました。
カラーネガより綺麗だったからでしょうか、ライトボックスにかざせばそのまま見えるからでしょうか。
今だとスキャンして、モニターで大写しできますが、当時はライトボックス上の35mmフィルムをビューワーで見るのがとても楽しかったことを思い出します。
その頃は、Kodachorme64 だったり、Ektachrome 100、Ektachrome Plus 200 なんかを良く使っていましたね。
3000m級の山にも持っていって、モルゲンロート(朝焼け)や、高山植物なんか写していましたっけ。


というわけで、久々にリバーサルフィルムを使ってみて、色の鮮やかさにまた心を奪われたのでした。


それに、ラチチュードがネガフィルムのほうが広い、と改めて気づかされました。
ヒストグラムの山がリバーサルフィルムのほうが明らかに狭い、のです。
プリンターで再現できるラチチュードの範囲は、フィルムに写っている範囲に比べて狭いことが多いですが、ネガなら明るい方にも暗いほうにもプリントでは現れない像が写っているのですが、ポジ(リバーサル)だとほぼピッタリ。
もしかしたら、プリンターによるラチチュード再現性はポジを基準にしている?


フィルムの種類が徐々に減っている現在、楽しむなら今、なんでしょうかね。

tag : Camera.ZeissIkon Lens.TeleTessarT*85/4ZM Films.Kodak-E100G 街.大森・蒲田 花.きく

コメント

非公開コメント

No title

カラー、久々ですね。
鮮やかだなぁ・・・ほんとWeekend Outdoorsさんはスキャンが上手いと思います。
深みのある色を出しますよねぇ・・・

Re: No title

nakkyさん、コメントありがとうございます。

> カラー、久々ですね。

ですね。
たまには、カラーもいいですよね。

> 鮮やかだなぁ・・・ほんとWeekend Outdoorsさんはスキャンが上手いと思います。
> 深みのある色を出しますよねぇ・・・

ありがとうございます。光栄です。
色合いについていは、多分にレンズに助けられているところはあると思います。
あとは、いつもの通り Silverfast のスキャンソフトと、画面のカラー・マネージメント・ツールのおかげかと。
プロフィール

Weekend Outdoors

Author:Weekend Outdoors

検索フォーム
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
タグ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
参加しています
にほんブログ村