FC2ブログ

ばたばた

[ばたばた]
ばたばた01a
Zeiss Ikon + Tele Tessar T* 85/4 ZM, Fuji Neopan 400 Presto
Self Development
Scanner: CanoScan 9000F + Silverfast SE plus



明日から、ばたばたの12月。
今年も残り1月。







最近読んだ(見た)写真集の感想を少々。


【CAPA'S EYE ロバート・キャパの眼が見た世界とニッポン】
図書館で借りた。
Slightly Out Of Focus:ちょっとピンぼけ のような戦争写真だけでなく、色々な写真、それも人間模様の写真が多く掲載されていた。
合わせて時代背景も掲載されていて、歴史の勉強にもなる。
ロバート・キャパが来日したときの日本のカメラとフィルムメーカーの思惑と、氏の写真家としてのスタイルが食い違っていたのが面白かった。
「いまはレンズも、フィルムも優秀で写真はだれにでも写せるが、頭で選択して写真のストーリーを作るのはむずかしい。ストーリーカメラマンはまず頭と眼と心が機動的に働かねばならない。....」という記事にガツンと殴られたようなキモチになった。
ネットショップで探して、この本を購入した。


【Henri Cartier-Bresson Scrapbook: スクラップブック アンリ・カルティエ=ブレッソン写真帖】
図書館で借りた。
ある意味、とても勉強になる写真集だと思う。
これまで公開された有名な写真の前後のコマが載っている。
氏がどうして、そのコマを選んだのかを覗える、のかなと。
本の大きさに比べて、掲載されている写真が小さいのが、少々残念。
写真製本のプリントも綺麗。
書店に行けば、なんとか新品が手に入りそうな本でもある。
今のうちに手を出しておくか、悩みどころ。


【アンリ・カルティエ=ブレッソン写真集成: de qui s'agit-il?】
図書館で借りた。
写真がいっぱい載っている。
最後の方にデッサンや絵画も載っている。
お得感アリ?


【Henri Cartie-Bresson Photographer: 写真家アンリ・カルティエ=ブレッソン】
図書館で借りた。
1枚の写真が大きく見ごたえがある。
しかし残念なことに、半面にしか写真がない。
写真の説明はなく、最後の索引にあるだけ。
写真だけ眺めるなら、これもありかと。


【Henri Cartie-Bresson Masters of Photography Aperture】
ネットショップで手に入れた。
小型本なれど、見ごたえあり。
値段も約1100円と、とっても手ごろ。

tag : Camera.ZeissIkon Lens.TeleTessarT*85/4ZM Films.NEOPAN400PRESTO 暗渠.六郷用水 本.写真家

コメント

非公開コメント

プロフィール

Weekend Outdoors

Author:Weekend Outdoors

検索フォーム
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
タグ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
参加しています
にほんブログ村