FC2ブログ

捨てる?-優柔不断

5月連休は家財を整理するにも向いているそうです、とラジオで言っていただか、新聞の投稿記事にあっただか、妻が話してくれただか。
確かに例年、この時期に片付けをしておりますなぁ。

ということで今年は、部屋の押入れのエントロピー増大傾向に一旦、歯止めをかけるべく、片付けを決行しました。
そう、一旦ですよ、一旦。どうせまた....


今回のターゲットは、山道具。それも明らかに使っていないテント類、キャンプグッズ。


[Gore Light]
明らかに初期型です。
それはアタリマエで、約20年前のシロモノです。
GoreLight001
Canon IXY Digital 700


これで色々なところで泊まりましたねぇ。
3000m級の南アルプスの山々、林道でのソロキャンプ(つまり、野宿)...


当時のウリとしては、

 ○軽い    :2kgを切っていたかと。

 ○かさばらない:小さく畳めるということですね。

 ○簡単な設営 :要領をつかめば、真っ暗な場所でも数分で設営可能。

 ○十分な広さ :コメント無し、そのような宣伝文句になっております。

でしたが、使用していると、

 △風に弱い  :ドーム型ゆえ仕方がない。設営中にピューッというのもあるし、
          寝ていられないぐらいうるさい、というのもあります。

 ×浸水する  :ゴアテックスを使っているのは側面だけ、ボトムシートの
          防水性は無いに等しい。

 △場所をとる :縦方向(出入り口方向)は、倍の長さが要ります。つまりポールを
          延ばしてテントに入れるために。これが混雑するテンバでは
          結構厄介者になります。

 ×やっぱり狭い:身長170cm弱の小生であっても、対角線に寝ても足は
          曲げないと納まりません。
          1~2人用と宣伝には書かれていますが、3000m級以下で
          使う分には、つまり、極地以外では、1人用と考えるべきかと。
          テントの出入り口に作業スペースがないこともテント内を狭く
          する要因のひとつに。
          純正フライシートも使ってみましたが、基本的に変わらず。
          雨降りの出支度は滅入ったものです。

というアバタも見えてきます。


[Gore Light - 収納状況]
確かに小さい。
軽いかどうかは...、人の感覚にもよりますので、ね。
GoreLight003
Canon IXY Digital 700



というわけで、次の写真のとおりの姿で使用しておりました。


[Gore Light - 使用状況]
つまり、ブルーシートを底面のサイズに合わせて切って、ポールの石突が入るようなプラ製ハトメをつけた、ということです。
メーカからはしばらく後に純正のボトムシートが別売されましたが、そんなものにお金をつぎ込むぐらいなら、チタン製食器に充てて装備の軽量化を図ったほうがよい、と考えていました。
GoreLight002
Canon IXY Digital 700




当初は捨てるつもりでいたので、まあ記念に写真でも撮って、blogネタにでもするか、と思っていたのですよ。
そこで、上のように書こうかと考えつつ片付けていると、片付け時に出るあの特有の気分に。

そう、「やっぱり捨てるの止めよう感」です。


まずい、と思ったものの、「とりあえず先延ばし」で自分の中ではピリオドがついてしまいました。


あ、この Gore Light のオプションである、フライシートと冬山登山用外張りシートは捨てることにしましたよ、当初の計画通り、ね。



テントといえば、しばらく前にはなりますが、車での持ち運びを前提に Quechua社 の 2 seconds Tent を手に入れています。
実を言うと、まだ実践投入していないのですが、本当に袋から出してポイッと置くと自立ドームテントになります。感心、感心。
しかーし、収納に一苦労。慣れれば、といいますが...
収納袋に付いているインストラクションと首っ引きでテントと格闘、なんとか、収まるといった具合で。


[Quechua 2seconds]
広げれば、文字通り2秒でこの形に。
高さは低いが、広さは十分。
Quechua002
Canon IXY Digital 700


[Quechua 2seconds - 収納状況]
上の形から、ここまで戻すのに、一苦労。
覚えるまで、袋に縫い付けてある取説とにらめっこが続きそうです。
Quechua001
Canon IXY Digital 700



ちなみに、最近テントを使わなくなったのは、泊りがけの山登りに行かなくなった
ことが一番ですが、泊りがけ釣行はもっぱら車中泊になったからが最大理由です。
ならばテントは捨てるべきでしたでしょうか。

tag : 道具.テント Camera.Canon-IXY

コメント

非公開コメント

プロフィール

Weekend Outdoors

Author:Weekend Outdoors

検索フォーム
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
タグ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
参加しています
にほんブログ村