FC2ブログ

IR事始

[IR事始 1a]
IR01a
SIGMA DP2s + SIGMA 24.2/2.8 + IR76 filter + WB:Monochrome



これは?
赤外線写真(画像)です。


ちょっと前から、赤外線写真に興味がありました。

木々の葉が白く写り、空が黒い。
そんな非日常感たっぷりな絵。
赤外線写真というのだと知りました。


レンズやカメラの取扱説明書にも「赤外線写真を撮る時には....」と言う記述もありますので、それなりに需要のある写真撮影方法なんだろうな、とは思っていました。
とはいえ、どうやって撮影すればいいのか?、フィルムは?
Webサイトを色々と見ていて、だんだんイメージが固まってきました。


一番取っ掛かり易いのは、どうやら、デジカメを使った方法。
デジカメのセンサーによっては、センサー前の赤外線フィルター(赤外線をカットする)がない、または、利きが弱いデジカメがあるそうで。
それを逆手にとって、赤外線撮影も出来ますというのを売りにしているデジカメもあるようです。



と、先日手に入れた SIGMA DP2s
ご存知の通り、センサーである Foveon X3 は、カタログにもあるとおり、「光学ローパスフィルターを必要としない」とあります。
つまり、赤外線感度も十分あるのではないか、と。


いくつか調べて、次のような手製IRフィルターを作ってみました。
・IRフィルターは、シート状のフィルターを使用。(ここでは Fuji IR76)
・ステップアップリングの段差を使って、フィルターシートを挟み込む。
・シートの汚れ防止に、プロテクタフィルターを前後面に配置。


[手作りIRフィルター]
HandmadeIRFilter01a



家に直径58mmの Skylight Filter があったので(Canon EFレンズ用にかつて使っていた)、それを再利用することで、DP2sフードの直径46mmとの差を埋めるステップアップリングを決定。
ここは、自由度はあります。
但し、ステップアップ径にある程度の差があった方が、シートフィルターを挟み込む時に楽だと思います。
差が小さいと、段差(平らな部分)が狭く、シートを円形に切り取る時に内径にかからないように上手く切り抜かなければなりません。
今回のように、46→58mmのように差が大きいと段差が広い(5mmぐらいある)ので、フィルターをある程度雑に切っても内径を割り込むことが少なくなりそうです。
見た目は....、ちょっと段差がありますが、そこはそれで、特別な装置感があっていい?



フィルターは、行った店で手に入ったものを今回は使用しました。
デジカメのセンサーの感度や画像の出来上がり状況を見て、いくつか試してみたいと考えています。



撮影方法は、まだ手探り。

現状の手順をば。

デジカメのディスプレイはほとんど見えない(モニターできない)ので、方向と焦点距離は目測。
三脚に固定して、フィルターを外して、だいたいの方向(画角)を決めて、フィルター再装着。

フィルターを付ける前のカラー画像。


[IR事始 1b]
IR01b
SIGMA DP2s + SIGMA 24.2/2.8 + WB:AUTO


計算上、F=8 にして、焦点距離を5mにすれば、約2.5m先から無限遠までは焦点が合うはずなので、マニュアルモードとマニュアルフォーカスで F値 と 焦点距離を設定。
シャッタースピードは、デジカメ上の最適露出まで届くようであれば、その値に。
DP2sのように最大15秒までであれば、その間までで設定せざるを得なく、露出不足になることもある、と。
かなりのスローシャッターゆえ、風の強い日だと木々がブレてしまいます。

あ、モードは、RAWで。

撮れたら、RAW現像ソフトで、モノクロ化。
すると、冒頭の絵になります。


ちなみに、フィルターなしのカラー画像を SPP で、モノクローム処理をすると、次の画像。


[IR事始 1c]
IR01c
SIGMA DP2s + SIGMA 24.2/2.8 + WB:Monochrome



赤外線フィルター越しに撮るのと、やっぱり違いますね。


もう一例。
シクラメンを(ピンボケですが)。

まずは、普通のカラー撮影。


[IR事始 1d]
IR01d
SIGMA DP2s + SIGMA 24.2/2.8 + WB:AUTO


これをモノクローム処理すると。


[IR事始 1e]
IR01f
SIGMA DP2s + SIGMA 24.2/2.8 + WB:Monochrome


最後にIRフィルターをつけて、モノクロ処理。


[IR事始 1f]
IR01e
SIGMA DP2s + SIGMA 24.2/2.8 + IR76 filter + WB:Monochrome



今はここまで。
もう少し色々とやってみて、上手く取れる手順を作ってみようと考えております。
次回は外に持ち出して、風景などを撮ってみたいかな、と。

tag : Camera.SIGMA-DP2 Lens.Sigma24,2/2,8 形.赤外線写真 道具.カメラ小物

コメント

非公開コメント

No title

お久しぶりです

何でも自作されちゃうんですね
素晴らしいです
自分も失敗を恐れずチャレンジしてみようかな

デジタル赤外線に填ったら、次はフィルムですね
よろしくお願いします(^^)
この冬に体験してみたんですが、緑の季節じゃないと今ひとつ面白みが少なかったです
赤外線量も日によって違うと聞きましたし
奥が深そうです

Re: No title

Mさん、コメントありがとうございました。

> 何でも自作されちゃうんですね
> 素晴らしいです
> 自分も失敗を恐れずチャレンジしてみようかな

出来上がり具合は、決してえばれるようなものは無いのですが、使い勝手で納得いかない方が、どうもダメです。
できる範囲で、自分で作っちゃえ、をやっています。

> デジタル赤外線に填ったら、次はフィルムですね
> よろしくお願いします(^^)

いやぁ、そうなんですよ、赤外線フィルム、使ってみたくって。
現像は、どこに出せばいいんでしょうか?
いつも行く写真屋さん(町のラボなので、C41しかない)と、それが分かったらやってみよう、と相談していました。

> この冬に体験してみたんですが、緑の季節じゃないと今ひとつ面白みが少なかったです
> 赤外線量も日によって違うと聞きましたし
> 奥が深そうです

今回は小物だったのですが、手近なところの風景も写してみたんですよ。
これがまたイイ感じ。
でも、どこから・どこで写したのかが、まるきり分かってしまうので、blog掲載にはボツ。

風の無い(スローシャッターゆえ)、穏やかに晴れた日(雲があるがポツリポツリあるのもベター)、緑(白く写る)と建物(黒く写る)が適度に配置されたところがいいのかな、なんて。
ロケハンも兼ねて、散歩してみます。

赤外線フィルム

赤外線フィルムの使用方法ですが、
カラー黒白問わず、フィルムの装填取り出しは、「ダークバックもしくは全暗中」で行います。

フィルターは、
黒白ならR(レッド)
カラーならOR(オレンジだったはず)

とにかく、フィルムの装填取り出しの管理がメンドクサイ…orz

でわでわ~(^_^)v

Re: 赤外線フィルム

赤杖さん、コメントありがとうございました。

> 赤外線フィルムの使用方法ですが、
> カラー黒白問わず、フィルムの装填取り出しは、「ダークバックもしくは全暗中」で行います。

暗闇は押入れの中で、代行します(笑)。

> フィルターは、
> 黒白ならR(レッド)
> カラーならOR(オレンジだったはず)

これもどっかで調達します。

> とにかく、フィルムの装填取り出しの管理がメンドクサイ…orz

のようですね。

で、フィルムはドコで現像すればよいのでしょうか。
普通のモノクロをやってくれるところなら、できるのかなぁ...

No title

赤外線フィルムって、相当入手困難なのではないでしょうか?
まして現像は・・・

Re: No title

nakkyさん、コメントありがとうございます。

> 赤外線フィルムって、相当入手困難なのではないでしょうか?

なんと、「かわうそ商店」さんに品揃えがあるのですよ。

> まして現像は・・・

フィルムは手に入るめどがあるので、次なる課題は現像でして。
「Kodak D-76」とありますので、それをつてに探してみるのでしょうか....

現像

赤外線フィルムの現像は、周知の通りD76で出来ますので、黒白現像やっている所なら問題ないと思います(コダックや堀内カラーなど)

ただ発注の際に、「封」をして赤外線フィルムである事を伝えないと、フィルムケースを開けられた瞬間に、今までの苦労が水の泡と化すので注意が必要です(^。^;)

でも、普通の黒白フィルムでRフィルター入れて撮れば、似非赤外線写真の出来上がり~(^_^)v

検討を祈りますm(_ _)m

Re: 現像

赤杖さん、コメント&情報ありがとうございます。

> 赤外線フィルムの現像は、周知の通りD76で出来ますので、黒白現像やっている所なら問題ないと思います(コダックや堀内カラーなど)

おぉ、そうでしたか!

> ただ発注の際に、「封」をして赤外線フィルムである事を伝えないと、フィルムケースを開けられた瞬間に、今までの苦労が水の泡と化すので注意が必要です(^。^;)

了解です。
事前に、「赤外線フィルムを送るんで対応できますか」とモノクロ現像をしているラボに問い合わせればよいですね。
それで、少し動いてみます。

> でも、普通の黒白フィルムでRフィルター入れて撮れば、似非赤外線写真の出来上がり~(^_^)v

これはこれで、いい情報でした。
というのも、DP2s用に作ったフィルターアタッチメントは、直径46mm。
そう、CONTAX G シリーズレンズにつくんですねぇ~
カラー現像タイプ(C41)のモノクロフィルムに通してみる、とういのが手っ取り早い銀塩フィルムへの赤外線露光なのかな、と。

> 検討を祈りますm(_ _)m

がんばってみまっすっ。

Gシリーズ

GシリーズにRフィルター使う場合は、露出倍数にお気をつけあれ(^_^)v

No title

赤外線フィルムは、
efkeの135が全暗指示ですが
フィルムケースから出す時から、かなり暗い状態ならほとんど問題ないです
実際全暗だとフィルム装填も大変ですから
さ、さっと装填したら、仮にかぶってもせいぜい1枚目か2枚目です
実際やってみて、全く問題なしでした
120は暗いところでOKらしいです

ローライのインフラレッド400はどちらも暗いところでOKです

それより、撮影後にいつもの通り
明るいところでついウッカリ蓋を開けちゃわないよう気をつけなきゃですね

現像は赤杖さんの仰る通り
普通のモノクロ現像が出来るところ
でも、慣れているところの方が良いでしょうね

Re: Gシリーズ

赤杖さん、続けてコメント&アドバイス、ありがとうございました。

> GシリーズにRフィルター使う場合は、露出倍数にお気をつけあれ(^_^)v

了解です。気をつけます。
Gシリーズは、一応TTL測光なので、AEを信じてみて露光(露赤外線)してみようかな、と思っております。

Re: No title

Mさん、コメントありがとうございました。
待っていました真打!
って、直接やり取りしたほうが良かったですかね。
反応ならびにアドバイスいただき、まことにありがとうございました。

> 赤外線フィルムは、
> :
> 現像は赤杖さんの仰る通り
> 普通のモノクロ現像が出来るところ
> でも、慣れているところの方が良いでしょうね

色々とご教示いただき、ありがとうございます。
まずは、赤外線写真はどんなところを写したら面白いのか、というのをデジカメで探ってみて、フィルムに移行してみようかな、と考えております。
フィルム入手の際にはお世話になるかと。
その節は、よろしくお願いします。
プロフィール

Weekend Outdoors

Author:Weekend Outdoors

検索フォーム
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
タグ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
参加しています
にほんブログ村