FC2ブログ

Chest Level #2 - 銀座

[Chest Level 2a]
銀座01a
CONTAX G1 + Biogon T* 28/2.8, Ilford XP2 super 400
Scanner: CanoScan 8800F + Silverfast SE plus


神の目(?)Biogon T* 28/2.8 にて。
概ね胸位置に構えたカメラ、多くはノーファインダーにて。

以下、ノーキャプションにて。



[Chest Level 2b]
銀座01b
CONTAX G1 + Biogon T* 28/2.8, Ilford XP2 super 400
Scanner: CanoScan 8800F + Silverfast SE plus



[Chest Level 2c]
銀座01c
CONTAX G1 + Biogon T* 28/2.8, Ilford XP2 super 400
Scanner: CanoScan 8800F + Silverfast SE plus



[Chest Level 2d]
銀座01d
CONTAX G1 + Biogon T* 28/2.8, Ilford XP2 super 400
Scanner: CanoScan 8800F + Silverfast SE plus



[Chest Level 2e]銀座01e
CONTAX G1 + Biogon T* 28/2.8, Ilford XP2 super 400
Scanner: CanoScan 8800F + Silverfast SE plus



[Chest Level 2f]
銀座01f
CONTAX G1 + Biogon T* 28/2.8, Ilford XP2 super 400
Scanner: CanoScan 8800F + Silverfast SE plus



[Chest Level 2g]
銀座01g
CONTAX G1 + Biogon T* 28/2.8, Ilford XP2 super 400
Scanner: CanoScan 8800F + Silverfast SE plus



[Chest Level 2h]
銀座01h
CONTAX G1 + Biogon T* 28/2.8, Ilford XP2 super 400
Scanner: CanoScan 8800F + Silverfast SE plus




改めて、田中長徳著:温故知新のコンタックス を読み返してみました。

そこに Planar T* 45/2 の話が書いてありました。
Gシリーズの標準レンズがなぜ f=50mm ではなくて f=45mm なのか、f=45mm の意義について書かれた部分です。

-- start quotation----------
45ミリというレンズは、50ミリが被写体の注意深い観察という任務を帯びているレンズだとすれば、それより5ミリ短いだけで、周囲の空気感を取り入れてた描写ができる。5ミリだけ被写体から引いて周囲を観察する、というレンズの意思とでも呼べるものが、実はG1の45ミリプラナーの魅力にもなっている。普段は35ミリレンズを主流にしてライカで街角スナップを行ってる私などには、この45ミリというのが新鮮に思える。
-------- end of quotation --
引用: 温故知新のコンタックス (田中長徳著、アルファベータ社、増補版 1999年第2刷)


それからすると Biogon 28mm は、周囲の空気を深呼吸してフィルムに吐き出しすレンズ、になるのかなぁ....
なんて思ったりして。



絞り優先自動露出決定プログラム機構搭載の CONTAX G1 ではありますが、
胸位置に構えて撮影すると、ちょっと暗め(アンダー)になるような気がします。
目(アイレベル)より、カメラは光を感じている? だから、シャッタースピード速め?
それとも、少しつぶれずにもう少し暗部が写っていて欲しいから、アンダーになっているよう思えるのかもしれません。

ネガをスキャンしてプロファイルを見ると、前者(露光不足)に思えますが。


さて、この写真を見て、小生がどこに行ったか分かる人 ~ ?

tag : Camera.CONTAX-G Lens.BiogonT*28/2,8 Films.ILFORLD-XP2 街.銀座 本.写真家

コメント

非公開コメント

プロフィール

Weekend Outdoors

Author:Weekend Outdoors

検索フォーム
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
タグ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
参加しています
にほんブログ村