FC2ブログ

江古田川1

これも、有名どころかと。
「東京ぶらり暗渠探検 消えた川をたどる!」にも掲載されている東京都練馬区から中野区に流れる川、江古田川を歩いて見ました。


[江古田川1a]
江古田川01a
CONTAX G2 + Planar T* 35/2, Ilford XP2 super 400
Scanner: CanoScan 8800F + Silverfast SE plus


前回来たのは、盛夏
緑が生い茂る通りも今は冬枯れ。


千川通りから細い路地を少し歩くとここに出てきます。
十字路に立ってきょろきょろしてみると、この一帯が低くなっていることが分かります。
所謂、川筋になっているのですね。


学田(がくでん)公園まで下ってきました。


[江古田川1b]
江古田川01b
CONTAX TVS2 + Sonnar T* 28-56/3.5-6.5, Kodak Portra 400NC
Scanner: CanoScan 8800F + Silverfast SE plus



タイトルには江古田川と書きましたが、かつては中新井川と呼ばれていたそうです。
学田公園に案内板があって、それによると....
江戸時代には、この学田公園付近にあった湧水を源とする池から川が流れていて、それを中新井川と読んでいたそうです。
江戸時代後期に池が枯れてきて、ここから北に流れている(流してきた?)千川上水から分水してきた、と。
1枚目の写真のあたりは、もしかしたら、江戸時代後期に人手によって掘削されたところなのかも。
うまく地形を利用して、一番低いところを選っていたのかな。


先に進みましょう。


ひとつバス通りを越えると、緑地帯になっています。


[江古田川1c]
江古田川01c
CONTAX G2 + Planar T* 35/2, Ilford XP2 super 400
Scanner: CanoScan 8800F + Silverfast SE plus


整列したベンチ。
一通りの遊具が点在してます。
名称は「中新井川児童遊園」となっています。


うねる川筋:暗渠と影の中を縫ってのお散歩タイム。


[江古田川1d]
江古田川01d
CONTAX G2 + Planar T* 35/2, Ilford XP2 super 400
Scanner: CanoScan 8800F + Silverfast SE plus



緑地帯の公園を抜けると、中央に緑地のある車道に出ます。

環状7号線をまたぐ陸橋の上からその様子を見てみましょう。


[江古田川1e]
江古田川01e
Sony Cyber-shot DSC-T9


上の画像は、上流方面。
下流方向にもしばらくこの風景は続きます。


陸橋で環状7号線を越えましたが、この陸橋からの眺めもこの江古田川が底を流れていることを気づかせてくれます。
ここは良く通るのですが、気づかなかったですね。
南から北上すると、丸山陸橋を過ぎて下り坂になりつつゆるい右カーブ。
陸橋の下を通過すると、確かにゆるい上り坂。
当にこの陸橋の下あたりが底になっているのです。


[江古田川1f]
江古田川01f
CONTAX G2 + Planar T* 35/2, Ilford XP2 super 400
Scanner: CanoScan 8800F + Silverfast SE plus


そんな高低差を確かめながら、広さの割に車どおりの少ない通りを東に進みます。

右手に徳殿公園が見えてきます。
入ってみると、水路を取り入れています。


[江古田川1g]
江古田川01g
CONTAX G2 + Planar T* 35/2, Ilford XP2 super 400
Scanner: CanoScan 8800F + Silverfast SE plus


先に進むと、下徳殿橋から開渠になります。
半分埋もれていますが、昭和29年に作った親柱が残っていました。


[江古田川1h]
江古田川01h
Sony Cyber-shot DSC-T9


周りをうろうろしてみると、この下徳殿橋より上流で「江古田川」と書かれていて、それより手前では「中新井川」となっているようです。
もしかしたら....、練馬区と中野区で呼び方が違う??

下徳殿橋で見つけた標識。


[江古田川1i]
江古田川01i
CONTAX TVS2 + Sonnar T* 28-56/3.5-6.5, Kodak Portra 400NC
Scanner: CanoScan 8800F + Silverfast SE plus



開渠になったと言っても、様子は次の画像のよう。
川というより、水路。


[江古田川1j]
江古田川01j
Sony Cyber-shot DSC-T9



さて、ここからは川沿いを歩くことができません。
下徳殿橋から一旦、川から離れて江古田の森の公園の南側から入ってしまった方が良かったのかもしれませんが、それは後で気づいた次第。
住宅地を川に近づけないかとうろうろとさまよってしまいました。

結局、北の入り口から江古田の森公園に入ることに。
ここは小高い山になっています。
江古田川はここを巻くように流れています。

江古田川の水路を見ていると、所々に流れ込みの口が開いています。

お、これはもしかしたら水路? 暗渠の出口?

ひとつ確かかめることに。

江古田川がもっとも北側に張り出したところにある口。
それを追いかけてみました。

細い路地になっていて、車の通行は無理そうだけど、車止めはなし。マンホールも少なめ。
ぷらぷらあるいていると、道は広くなったり、狭くなったりして、目白通りに出ました。

そこから振り返って1枚。
江古田川に向かって、緩やかに下っていることが分かります。


[江古田川1k]
江古田川01k
Sony Cyber-shot DSC-T9


さて、江古田川に戻りましょう。

開渠になっているこの区間、橋毎に親柱に橋の歴史と行事に関するプレートがはめ込まれています。
この区間も川に沿って歩けないので、ジグザグに縫うようにして、橋を渡ろうとしては、橋の説明とプレートを見ながら、下流へ進みます。

そのひとつ、不動橋。
たもとにお不動様が祭られています。
お不動様のお名前は、垢離取不動尊(こりとりふどうそん)とのこと。


[江古田川1l]
江古田川01l
CONTAX G2 + Planar T* 35/2, Ilford XP2 super 400
Scanner: CanoScan 8800F + Silverfast SE plus



さて、ここからしばらく進むと江古田大橋で、妙正寺川と合流します。
ふと周りを見ると、関東バスの丸山営業所。
なーんだ、ここに出るのか。
新青梅街道など、通ったことのあるところではあるのですが、江古田川(中新井川)という視点は、新たな発見ではありました。


合流点は、次の画像。
左から妙正寺川、正面が江古田川。


[江古田川1m]
江古田川01m
Sony Cyber-shot DSC-T9



さて、江古田川はここで終わりではありますが、もう少し続けます。

ここにも台地が川によって削り取られて丘になっているところがあります。
片山というエリアで、小さな公園があります(片山小さな緑地)。
見晴らしがいいかな、と思いきや、マンションなどの住宅に囲まれてしまって、見晴らしは得られません。
しかしながら、江古田川と妙正寺川の合流点からは、結構なのぼり。
崖に近い地形も見ることができます。

そんな公園で、スイセンが綺麗に咲いていました。


[江古田川1n]
江古田川01n
CONTAX TVS2 + Sonnar T* 28-56/3.5-6.5, Kodak Portra 400NC
Scanner: CanoScan 8800F + Silverfast SE plus


妙正寺川に戻りましょう。
急な下り坂を通り、川沿いを歩くと、北野神社がありました。

りりしい狛犬。


[江古田川1o]
江古田川01o
CONTAX TVS2 + Sonnar T* 28-56/3.5-6.5, Kodak Portra 400NC
Scanner: CanoScan 8800F + Silverfast SE plus



梅も咲いています。



[江古田川1p]
江古田川01p
CONTAX G2 + Planar T* 35/2, Ilford XP2 super 400
Scanner: CanoScan 8800F + Silverfast SE plus


ここから、も少し下ると、中野通り。
通りを渡ると、そこは哲学堂。


一旦ここで中締めです。


ここまで通った道筋と、次回分までの道を Google Map にて。


より大きな地図で 江古田川を歩いて を表示

tag : Camera.CONTAX-G Lens.PlanarT*35/2 Films.ILFORLD-XP2 Camera.CONTAX-TVS2 Lens.VarioSonnarT*28-56/3,5-6,5 Films.PORTRA400NC Camera.Sony-CybershotDSCT9 街.中野・練馬 暗渠.江古田川

コメント

非公開コメント

No title

哲学堂まで来たのですか、もうちょっとで我が家です(笑)
さて来週はいよいよ解禁ですね、暇を見つけては巻いて巻いてます。
去年は隣で釣っていた(しかも仕事の合間に)スギ爺さんに尺が釣れ自分は、、、、と
悔しい思いをしていますのでなんとかリベンジしたいです。

Re: No title

jacamanoさん、コメントありがとうございます。

> 哲学堂まで来たのですか、もうちょっとで我が家です(笑)

じゃ、もしかしたら、子供の頃、哲学堂ですれ違っていたとか(笑)

> さて来週はいよいよ解禁ですね、暇を見つけては巻いて巻いてます。

blogみました。
精緻に作られていますねぇ。
小生なんか、一つ前のネタで載せた通りの雑さぶりで。

> 去年は隣で釣っていた(しかも仕事の合間に)スギ爺さんに尺が釣れ自分は、、、、と
> 悔しい思いをしていますのでなんとかリベンジしたいです。

あー、もっと巻かないと。
って、思って結局シーズン始まってしまってから、自転車操業になるんですよねぇ....
プロフィール

Weekend Outdoors

Author:Weekend Outdoors

検索フォーム
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
タグ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
参加しています
にほんブログ村