Tokyo Portrait #14

[Tokyo Portrait #14a]
TokyoPortrait14a
(画像をクリックすると Flickr で縮小前の画像をごらんいただけます)
Olypmus XA + F-Zuiko 35/2.8, Ilford HP5 Plus (100ft)
Scanner: CanoScan 9000F + Silverfast SE plus


ここのところ好きな写真家さん。







[Tokyo Portrait #14b]
TokyoPortrait14b
(画像をクリックすると Flickr で縮小前の画像をごらんいただけます)
Nicca 3L + Nikkor SC 50/1.4(L), ADOX Silvermax 21
Scanner: CanoScan 9000F + Silverfast SE plus


中藤毅彦さんの写真展に行ってきました。中藤さん、拙blogでは2度目の登場になります(前回はこちら)。
今回は、オリンパスギャラリー東京で開催されていた「Sous le ciel de Paris」、ギャラリートークでの中藤さんになります。
小生としては塗装がいたるところで落ちているてアルミボディーの地が出ている、本来は黒い CONTAX G2 に Vario-Sonnar T* 35-70/3,5-5,6 による撮影をする方という印象が強いのですが、今回は全て Olympus OM-D E-M1 MarkⅡ による撮影とのこと。レンズは M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO とのことで、この描写がすごいと思いました。雨の日の夜間、ぬれた路面に反射する街路灯の光のにじみ具合、そして、街路灯の光の広がり具合、なんとも雰囲気を出しているではありませんか。中藤さんによると、氏の好みの仕上がりなるようにカメラ側のトーンカーブを調整しているとのことで、7色ものグレーインクを駆使したインクジェットプリンタによるピエゾグラフィーによるプリントで、とても表現豊かな写真に仕上がっていると思いました。


[Tokyo Portrait #14c]
TokyoPortrait14c
(画像をクリックすると Flickr で縮小前の画像をごらんいただけます)
Nicca 3L + Nikkor SC 50/1.4(L), ADOX Silvermax 21
Scanner: CanoScan 9000F + Silverfast SE plus


ギャラリートークでは、今回の趣旨や写真1枚1枚の撮影した時の思い出や撮影に対する想いを話していただき、理解したり勉強したりさせていただきました。特に今回は、いわゆる正調ポートレート、話し掛けて、了解を得て撮影する、一部はポーズもとっていただくというポートレート写真が多く、パリでの中藤さんの動きが見えるような解説(ギャラリートーク)だったと思いました。


[Tokyo Portrait #14d]
TokyoPortrait14d
(画像をクリックすると Flickr で縮小前の画像をごらんいただけます)
Nicca 3L + Nikkor SC 50/1.4(L), ADOX Silvermax 21
Scanner: CanoScan 9000F + Silverfast SE plus


先ほど、ピエゾグラフィーの話を出しましたが、東京都写真美術館(都写美)で開催されていた「東京・TOKYO 日本の新進作家vol.13」に出展された写真もピエゾグラフィーによるプリントでした。そちらもとても感動したのですが、今回のプリントはまた違った仕上がり具合。氏によれば、「都写美における展示はアバンギャルドに仕上げた」とのこと。なるほど。ポートレートと街撮りスナップは仕上げの雰囲気を変えるとこんなにも違いが出てくるのか、と思った次第。


[パリなかふじたけひこ]
TokyoPortrait14h


今回の写真展に合わせて、2013年にフランスの出版社:FUNNY BONES EDITION から発行された写真集「Paris Takehiko Nakafuji(パリなかふじたけひこ)」が再販されるとのことで、手に入れました。この写真集、面白くて、綴じていないのです。ばらばらにして、自分が気に入った順に見ることができるし、額装も容易にできます。写真家の意図は反映されない写真集のあり方、とてもユニークだと思いました。持ち帰って、早速、ナイトキャップのお供として堪能させていただきました。それとこの写真集のオマケで、氏の手焼きによる六つ切りプリントを1枚いただきました。うーん、お宝モノです。早速、ワイド六つ切り用のフレームに額装させていただき、書斎の壁に掲示させていただきました。


[Tokyo Portrait #14e]
TokyoPortrait14e
(画像をクリックすると Flickr で縮小前の画像をごらんいただけます)
Olypmus XA + F-Zuiko 35/2.8, Ilford HP5 Plus (100ft)
Scanner: CanoScan 9000F + Silverfast SE plus


今回の撮影、ISO100のフィルムだったのですが、さすがにちょっときつかったですかね。いくらホールドや視認性のよいファインダーをもつ Nicca ⅢL であったとしても、1950年の最高速50mmレンズ Nikkor SC 50/1.4 を用いたとしても、シャッタースピード 1/30秒では....
オリンパスギャラリーと言うことで敬意を表して持参した Olympus XA に詰めた ISO400 のフィルムでかろうじて何とかなったかな、という程度。こういうときこそ、XA のフェザータッチシャッターボタンのありがたさが実感できます。


[Tokyo Portrait #14f]
TokyoPortrait14f
(画像をクリックすると Flickr で縮小前の画像をごらんいただけます)
Olypmus XA + F-Zuiko 35/2.8, Ilford HP5 Plus (100ft)
Scanner: CanoScan 9000F + Silverfast SE plus


というわけで、中藤さんのこれからの活躍をお祈りして、写真撮影させていただいたお礼に代えさせていただきます。ありがとうございました。


[Tokyo Portrait #14g]
TokyoPortrait14g
(画像をクリックすると Flickr で縮小前の画像をごらんいただけます)
Nicca 3L + Nikkor SC 50/1.4(L), ADOX Silvermax 21
Scanner: CanoScan 9000F + Silverfast SE plus

テーマ : カメラ散歩
ジャンル : 写真

tag : Camera.Nicca3L Lens.NikkorSC50/1,4 Films.ADOX-Silvermax21 Camera.Olympus-XA Films.ILFORLD-HP5+ 街.新宿・代々木 人.Portrait

コメント

非公開コメント

No title

こんにちは。
私も中藤さんの素粒子写真好きです。
以前はディスコンになったNEOPAN1600で撮られてますよね。
今はOM-Dのラフモノクロモードで撮られているのでしょうか?

Re: No title

瞬民さん、コメントありがとうございます。

> 私も中藤さんの素粒子写真好きです。

そうでしたか!
いいですよね、存在感のある、あの写真。

> 以前はディスコンになったNEOPAN1600で撮られてますよね。

そうでしたね。高めの温度で少し押し気味にして現像されていたかと。

> 今はOM-Dのラフモノクロモードで撮られているのでしょうか?

ご自分でトーンカーブを調整されているとのコトでしたよ。
それができるのが、このデジカメのいいところだとおっしゃっていました。
プロフィール

Weekend Outdoors

Author:Weekend Outdoors

検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
タグ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
参加しています
にほんブログ村