FC2ブログ

或る集中 / A Concentration #79

[或る集中 / A Concentration #79a]
或る集中79a
(画像をクリックすると Flickr で縮小前の画像をごらんいただけます)
Leica M3 + G Planar T* 45/2 M, ADOX Silvermax 21
Self Development
Scanner: CanoScan 9000F + Silverfast SE plus


河岸段丘を下って、次なるギャラリーへ。






ギャラリー冬青は桃園川から南方に下り、坂を上ったところにあります。暑い日ではありましたが、そこでクールな写真を拝見して涼んだ後、また、ブラパチをするとしましょう。ギャラリー冬青から、更に南に下ると、今度は神田川に向かって坂を下っていきます。中野・十貫坂上からぐぐっと、道を間違えて戻ることになったら後悔するぐらいの下り坂。両側に歩道のある神田川を川沿いに下っていくと、東京工芸大学・中野キャンパスにある写大ギャラリーのそばにたどり着きます。

その写大ギャラリーで開催されている、石元泰博さんの写真展:シカゴ/東京/桂 を拝見しました。

写大ギャラリー、当に大学の中にあって、なんとなく学校の図書室にでも向かう雰囲気。2階に上がる踊り場には、歴代の日本のカメラが展示されていています。おっ、小生も使っている京セラ・CONTAXのRTSⅡも展示されているではありませんか。どれどれ、写真展を見る前にじっくり拝見。と、なんとレンズが Distagon T* 28/2.8 ではありませんか。ここは、Planar T* 50/1.4 を装着して欲しかった。そして、ネームプレートにはヤシカの文字が。この時期にはもう京セラブランドのはず。むむむー、ちょっと残念です。

おっと、脱線。

石元泰博さんの写真展、よかったです。
キャンディッドな、それでいて、構図も決まったスナップ写真、それもオリジナルプリント。決まっているなぁ、って感じでスキッと気分爽快になります。
そして、桂。いわば静物写真ではあるのですが、そこからなんだかリズムみたいなものが見えてきて。畳や襖、置石、きちっと撮影されいるのですが、そのリズム感にぐぐっと近くによって、時にはしゃがんでじっと拝見してしまいました。そうか、こんな表現方法もあるんだなぁ、って。
何しろこのギャラリー、上述の通り大学の中にあることもあるのでしょうか、とても空いていて、というか、土曜日の午後だというのに、誰も来ないギャラリー。作品保護のために照度を落としたといえばそれまでですが、薄暗くてクーラーがガンガン効いている誰も来ない、来てもすぐに出て行ってしまうようなギャラリーの中で、小生は石元泰博さんの写真を3周はしたでしょうか。本当にじっくりと拝見することができました。

といことで、効きすぎたクーラーでしっかり冷え切った体は、この日の気温にすぐには順応せず....
神田川沿いの歩道の日陰で、ギャラリーに入る前に使い切った1本目のフィルムを交換する時間で復活させ、更に神田川沿いに東進します。


[Synchro In City #306b]
或る集中79b
(画像をクリックすると Flickr で縮小前の画像をごらんいただけます)
Leica M3 + G Planar T* 45/2 M, ADOX Silvermax 21
Self Development
Scanner: CanoScan 9000F + Silverfast SE plus

テーマ : カメラ散歩
ジャンル : 写真

tag : Camera.Leica-M3 Lens.G-PlanarT*45/2M Films.ADOX-Silvermax21 街.中野・高円寺 暗渠.神田川

コメント

非公開コメント

プロフィール

Weekend Outdoors

Author:Weekend Outdoors

検索フォーム
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
タグ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
参加しています
にほんブログ村