FC2ブログ

Run! #21

[Run! #21a]
Run21a
(画像をクリックすると Flickr で縮小前の画像をごらんいただけます)
Leica D3 + Elmar 50/3.5 L, Ilford HP5 Plus
Self Development
Scanner: CanoScan 9000F + Silverfast SE plus


そう、待っていたのはこれ。






真岡といえば、真岡鐵道のSL。だけじゃないかもしれませんが。
手持ちの機材で撮影はしましたが、色々と課題が見えてきました。フレーミングやピント、タイミング、狙い....
初めて見る走るSLだし、連写ができずピントも小さなのぞき窓の中の二重像合せという旧式のフィルムカメラでの撮影という言い訳もできましょうが、待っている時間にある程度そこいらへん、何をどう狙うのかについて、を整理して臨むべきだったかなと。
とはいえ、まあ、やや興奮状態にあったことも確か。ノリで撮影したって、いいじゃありませんか、ねぇ。
ということで、SL撮影のほぼ全てのコマを以下に展開します。


[Run! #21b]
Run21b
(画像をクリックすると Flickr で縮小前の画像をごらんいただけます)
Leica D3 + Elmar 50/3.5 L, Ilford HP5 Plus
Self Development
Scanner: CanoScan 9000F + Silverfast SE plus

小生が待っている駅は通過駅。ひとつ前の停車駅から汽笛が聞こえてくると気分が高まってきます。
そのうちこの駅の直前にある踏切の警報が鳴り、遮断機が下ろされて。
遠くから近づいてきます。ここは、この駅舎の出入り口を窓に見立てて写そうと思っていたので、思惑通り。とはいえ、外付けファインダーの視差のせいか、それともその瞬間を躊躇ったためか、SLがちょっとだけ隠れてしまいましたね。


[Run! #21c]
Run21c
(画像をクリックすると Flickr で縮小前の画像をごらんいただけます)
Leica D3 + Elmar 50/3.5 L, Ilford HP5 Plus
Self Development
Scanner: CanoScan 9000F + Silverfast SE plus


来ました。どんどん近づいてきます。


[Run! #21d]
Run21d
(画像をクリックすると Flickr で縮小前の画像をごらんいただけます)
Leica D3 + Elmar 50/3.5 L, Ilford HP5 Plus
Self Development
Scanner: CanoScan 9000F + Silverfast SE plus

[Run! #21e]
Run21e
(画像をクリックすると Flickr で縮小前の画像をごらんいただけます)
Leica D3 + Elmar 50/3.5 L, Ilford HP5 Plus
Self Development
Scanner: CanoScan 9000F + Silverfast SE plus

[Run! #21f]
Run21f
(画像をクリックすると Flickr で縮小前の画像をごらんいただけます)
Leica D3 + Elmar 50/3.5 L, Ilford HP5 Plus
Self Development
Scanner: CanoScan 9000F + Silverfast SE plus


音が大きく、存在感もあってちょっとびびったので、その気持ちが手ブレに....
もっと寄せたかったか、と思う間もなく、目の前を通過して、冒頭のカット。

[Run! #21a]
Run21a
(画像をクリックすると Flickr で縮小前の画像をごらんいただけます)
Leica D3 + Elmar 50/3.5 L, Ilford HP5 Plus
Self Development
Scanner: CanoScan 9000F + Silverfast SE plus

[Run! #21g]
Run21g
(画像をクリックすると Flickr で縮小前の画像をごらんいただけます)
Leica D3 + Elmar 50/3.5 L, Ilford HP5 Plus
Self Development
Scanner: CanoScan 9000F + Silverfast SE plus

[Run! #21h]
Run21h
(画像をクリックすると Flickr で縮小前の画像をごらんいただけます)
Leica D3 + Elmar 50/3.5 L, Ilford HP5 Plus
Self Development
Scanner: CanoScan 9000F + Silverfast SE plus


あとは通過した後姿を数枚納めるばかりなり。

コンパクトデジカメは、手すりにおいて、そのままの流し撮り。
遮断機が下りる直前ぐらいから通過する場面で編集してあります。


[Run! #21i]

Olympus Stylus TG-4 Tough


シャッターの音がしますね、これが小生の Leica DⅢのシャッター音。やっぱりメンテしてもらって、シャッター音抑えてもらおうかな。

それはともかく、
手前の子供とお母さんがSLに手を振っていますが、機関士さんや乗客の皆さんが手を振っている様子が写っていますね。微笑ましいです。
実は、写真や映像には映っていませんが、小生の左前には、子供2人のお母さんが来ていて、SLの通過を見送っていたのでした。通過した後にその子供たちが乗りたいとはしゃいでいる声が聞こえるかと。これまた微笑ましい。
慌しい撮影ではありましたし、暑い日ではありましたが、さわやかな気持ちのいい時が流れていたし、感じることができたなぁ、と。

そして、SLが通過した後、何もなかったかのような、いや、これが現実なのか、という風景。
特別なこと、そして、普段のこと。そのふたつがあって、そのふたつがあるからこそ、日常なんだな、って思った次第。


[Run! #21j]
Run21j
(画像をクリックすると Flickr で縮小前の画像をごらんいただけます)
Leica D3 + Elmar 50/3.5 L, Ilford HP5 Plus
Self Development
Scanner: CanoScan 9000F + Silverfast SE plus

テーマ : カメラ散歩
ジャンル : 写真

tag : Camera.Leica-D3 Lens.Elmar50/3,5L Films.ILFORLD-HP5+ 街.栃木県 その他.のりもの

コメント

非公開コメント

なるほど

確かに、もうちょっと手前で切りたかったですね。
鉄道の撮影って、動揺するんですよ、マジで。
なのでクールでいられるよう、鍛えないとダメなんです。
特にSLはあの轟音聞くと興奮しちゃうでしょ。
お疲れ様でした。

Re: なるほど

たららんな支配人♪ さん、コメントありがとうございました。

> 確かに、もうちょっと手前で切りたかったですね。

でしたよね(泣)

> 鉄道の撮影って、動揺するんですよ、マジで。
> なのでクールでいられるよう、鍛えないとダメなんです。
> 特にSLはあの轟音聞くと興奮しちゃうでしょ。

そ、その冷静さも必要なんだな、と思いました。
たららんな支配人♪ さんのblogの鉄道写真、ホント、構図もタイミングもばっちりですよね。そのような冷静さも求められる世界なんだなと、いまさらながら知った次第。

> お疲れ様でした。

ありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします。
プロフィール

Weekend Outdoors

Author:Weekend Outdoors

検索フォーム
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
タグ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
参加しています
にほんブログ村