FC2ブログ

IR事始 #14

コワザですが、これは使い勝手がいい!






フライフィッシングなどのアウトドア活動用に手に入れたカメラ Olympus Stylus TG-4 Tough、色々な用途に使っております。
特に赤外線写真撮影では、35mmフォーマットで言うと f:25mm の超広角イメージによる雰囲気ある赤外線画像を得られることができます。画像素子は小さいものの、いいレンズのおかげで味のある絵が撮れます。このデジカメを赤外線画像撮影用に仕立てる話は、ちょっと前にこの場にエントリさせていただいておりました。

そんな中、とある写真展(というのかな?)で知り合った方に、デジタルカメラによる赤外線写真撮影でいいことを教えてもらいました。それは、赤外線フィルターを使った撮影後に画像処理が要らなくなる方法なのです!

赤外線写真は、通常、深紅の赤外線透過フィルターを使って撮影しますよね。特にデジカメ=カラー画像を撮る道具(※1)ですので、撮影された画像は赤い画像になっているのが普通です。それを Photoshop などの画像加工ソフトでモノクロに変換してみたり、色チャンネルの一部を反転させてフォルスカラー画像に仕上げたりするのが一般的です。この処理プロセス、まあ、複雑ではないにしろ、手まではありますね。デジカメの一部にはアートフィルターなどと称して、モノクロモードが備わっていたりしますね、Olympus だとラフモノクローム。しかしながら、このラフモノクローム、本当に粗い(爆)
なんとかもっとスムースな画質で簡便に赤外線モノクローム画像が得られないものかと。
※1: 正確には、Leica-M Monochorme (LMM)がモノクロ専用デジタルカメラとして存在はしますね。この LMM で、どなたか赤外線フィルターを使って画像を撮ってみてもらえないものでしょうかね。とても気になっているのですよ、実は。あ、上手く撮影できたとしても、小生が LMM を手に入れることは考えられませんが。

そこで教えていただいた方法は、赤外線フィルター装着後の「ホワイトバランス」を調整してしまおう、という手なのです。
手法は簡単で、カメラをアスファルト地面に向けて(※2)、そこの赤外線フィルター透過画像でホワイトバランスを設定するだけです。つまり、アスファルト地面を赤外線フィルター透過の18%グレーとしてしまおうというもの。なるほどー、賢い!
※2: 晴れた日に一度設定すれば、ほぼ、その都度設定しなくてもよいみたいです。正確には?

こうすることで、デジカメ本体だけで整った赤外線モノクローム画像を手に入れることができます。
何が起こっているのかというのを Photoshop CameraRAW で見てみると、あっけなく当たり前のことが?
次の画像をご覧ください。


[赤外線フィルター透過後の画像とスペクトル: ホワイトバランスによる違い]
IR事始14a


Fig.Aの上段は、おなじみ(?)の赤外線フィルター透過後の画像、深紅のフィルターを透過した画像は赤くなっています(当たり前ですが)。右図のCameraRAW のホワイトバランスもAuto、ほぼ Daylight モードのままだからではあります。
下段のFig.Bをご覧ください。これが、ホワイトバランスとアスファルト地面で調整した後の画像です。画像自体はいい感じのちょっと色、艶?を感じるようなモノクローム画像になっていますね。その時の CameraRAW である右図を見てください。白破線で囲んだ部分、ホワイトバランスが左方に振り切れています。つまり、色温度:最低、彩度:ゼロとうことに。つまり、これは.....
つまりこれは、Fig.Aのような普通の撮影後に、画像処理ソフトで行う手順(色温度と彩度を最小・ゼロにする)が既にカメラ本体で行われている、ということになろうかと。ちょっとだけ色が付いている感じ(艶がある感じ?)は、このデジカメ本体のホワイトバランス調節機能の味付けによるものなのかもしれません。なるほどー、見た目モノクロ画像が取れているわけですから、ホワイトバランス調整により彩度が落ちたのですね。

このようにホワイトバランス調整後の画像もRAWフォーマットで撮影しておくと、また違った感じの画像を作ることが出来そうです。
というより、このホワイトバランス調整を行うと、赤外線映像が簡単に作れる、のです。赤い映像を高い(?)映像処理ソフトを手に入れなくても、モノクローム調に調整された映像がカメラ本体だけで作ることができるのです。これは、便利!


[Infrared Movie by Olympus Stylus TG-4 Tough with SR-72 Filter]

Olympus Stylus TG-4 Tough, Kenko-Tokina PRO1D R72 Filter (SR-72)


なんて便利な世の中になったものでしょうか(爆)
基本的には画像処理はするので画像のホワイトバランスはAutoのままで、映像を撮影する場合のみ調整ホワイトバランスを用いることになろうかと。
色々なことができることはわかったので、今後は使い倒すのみ!

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : Camera.Olympus-TG4 形.赤外線写真

コメント

非公開コメント

No title

こんばんは。
その節にはお世話になりました。

カメラ内AWB補正後の画像を調整する際には
フォトショップのチャンネルミキサーでカラースワップして
自分の気に入った設定を保存しておくと、
その後が非常に便利だったりします。

是非お使いください。

Re: No title

にじさん、拙blogをご覧いただき、コメントもいただきましてありがとうございます。

> その節にはお世話になりました。

こちらこそ、お世話になりました。
この方法、とても便利です! もう随分と活用させていただいております。

> カメラ内AWB補正後の画像を調整する際には
> フォトショップのチャンネルミキサーでカラースワップして
> 自分の気に入った設定を保存しておくと、
> その後が非常に便利だったりします。

なるほどー
更に有益な情報・テクニックご教示いただきありがとうございます。
機会あれば試してみます。

今後ともよろしくお願いします。
プロフィール

Weekend Outdoors

Author:Weekend Outdoors

検索フォーム
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
タグ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
参加しています
にほんブログ村