FC2ブログ

Tokyo Portrait #8

[Tokyo Portrait #8a]
TokyoPortrait08a
(画像をクリックすると Flickr で縮小前の画像をごらんいただけます)
Hasselblad SW + Biogon 38/4.5, Rollei Retro 400S
Self Development
Scanner: CanoScan 9000F + Silverfast SE plus


すてきなツーショットをありがとうございました。






ここに写っている方は、写真家の Elizabeth Charさん中藤毅彦さんです。
4/9 に中藤さんらが運営されているギャラリーニエプスに行って、Elizabeth Charさんの写真展「巴里画」を観たときに撮影させていただきました。
と、ギャラリーニエプスって、いつも何かとお世話になっているルーニー247の真向かいなのですね....、いままで気づかなかった。

Charさんの写真は、光と影、そして人物が迫ってくるような強さを持っていると思いました。
丁度、彼女も在廊していたで、焦点距離:28mm レンズの撮影術「自分は空気になるの」というお話しが楽しかったです。そして、ミニ写真集を求めました。このミニ写真集、プリントがよくて、HighestからLowestまで、しっかりとしたトーンで表現できているように思います。
そして、驚くことに彼女はとても活動的なのです!
Facebookでお友達登録させてもいただいたので、彼女の写真が毎日のように送られてきます。それも写真展で拝見したような f:28mm のカメラ(Ricoh GR Digital シリーズだったかと)を縦横無尽に使ったモノクロのストリートスナップばかり。むむむー、すごい。
今後も彼女の写真、追いかけたいと思っています。

[Elizabeth Char: Paris-Ga]
TokyoPortrait08b


そして中藤さん、現在最も好きな写真家のひとりでもあります。
あの独特な力強さのあるモノクロ・ストリートスナップ。
以前、神保町のギャラリーで写真展をされていたときにも中藤さんに初めてお会いして、その場で少しお話しをさせていただいたりして、帰りしなに写真集:Night Crawler を求め、サインしてもらっちゃいました。その後も写真展にはできるだけ行くようにしてはいましたが、代表作でもある STREET RAMBLER は、写真雑誌で数ページ紹介されているのを見るにとどまり、もっと一杯見たいなぁと常々思っていたのでした。
そんな折、今年の1/16 にときの忘れものと言うギャラリーで Berlin 1999+2014 と言う写真展があって、会社帰りに行ってみたのですね。そうしたら、中藤さんが在廊されていたので、またお話しをさせてもらったのですね。フィルムでモノクロ写真をやっているのなら自分で焼かなきゃ、ってご指導受けてしまいました(喜)
そこで、念願の STREET RAMBLER の写真集をゲット!
無理を言って中藤さんにサインまで書いてもらっちゃいました。ところが、小生の勘違いで間違えた日付を記載してもらったのはご愛嬌(正しくは1/16のところ1/18と書いてくださいと言ってしまいました)??
これでしばらくゆっくりと中藤さんの写真を楽しむことができそうです。

[中藤毅彦: STREET RAMBLER]
TokyoPortrait08c


あ、ちなみに、この Tokyo Portrait シリーズ、#4 が欠番ですね。今頃気づきました。今更なので修正はせず、このままカウントアップしようと考えております。ご了承ください。

テーマ : スナップ写真
ジャンル : 写真

tag : Camera.Hasselblad-SW Lens.Biogon38/4,5 Films.ROLLEI-RETRO400S 街.内堀・外堀 人.Portrait

コメント

非公開コメント

プロフィール

Weekend Outdoors

Author:Weekend Outdoors

検索フォーム
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
タグ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
参加しています
にほんブログ村