FC2ブログ

Synchro In City #76

[Synchro In City #76a]
SynchroInCity76a
(画像をクリックすると Flickr で縮小前の画像をごらんいただけます)
Zeiss Ikon + G-Planar T* 35/2 M-mod, efke KB100
Self Development
Scanner: CanoScan 9000F + Silverfast SE plus



お酒の話。






先日 'My Favorite Things' と題してエントリした時に書き損ねましたので(笑)

ここで写したのは、Islay Malt ではつとに有名な Bormore(ボウモア、ボゥモーとも)。
小生の好きなウイスキーのひとつです。ウイスキーでは Islay が Most!
敢えて言えば、Lagavulin(ラガヴーリン)が Most of Most!!
近年、Bormoreが Suntoryが販権を手に入れたことにより、日本ではより手に入りやすくなりましたね。
色々な楽しみ方が紹介されていますが、小生は、ストレート+チェイサー。ストレートは常温で。ストレートで一滴飲んだ後、チェイサーから一滴戻して、色の変わり具合や香りが更に立つところを楽しんでいます。
本当に時間があるときぐらいしかできない楽しみですが。

さて、これも先日、面白いお酒を手に入れました。今は、これにヤミツキ(爆)
奈良県の造り酒屋である大倉本家さん金鼓:濁酒
蔵付き酵母がなせる味わいのある濁り酒(どぶろく)です。

この季節、11月から3月には、日本酒を良く飲みます。
特に12月から1月には、濁り酒を好んで手に入れてきて楽しんでいます。
アルコール濃度は低いものの、味わい深く、そう、ご飯を食べているような感じが、たまらなく好きなのです。
甘い/辛い でいえば、甘口。清酒も甘口の方が好みです。確かに料理との相性は、辛口の方が進むかと思いますが、舌に引っかかることもなく胃袋直行、酔いが進むのは、ちと味気ないかな、と。
究極の甘口、それがどぶろくだと思うのです。
濁り酒の中には、一番絞りに酒かすを混ぜたものもあるようですが、それはそれで美味ですが、汲み取りぐらいの濁り酒が多い中、今回の 金鼓:濁酒 は、まさにご飯を食べるような飲み(食べ)心地。すばらしい!

かなり癖はあります。
それは、味だけではありません。
開封する時に気をつけないといけないんです!
この 金鼓:濁酒 は発酵が止まっていないので、瓶内に多量のガスがたまっているのです。
よって、開封するときに不用意にアルミ製カバーを取ると、キャップが飛散し、内容物=どぶろく が辺りに飛散します。
小生が手に入れた酒店のご主人に要領を伝授してもらいました。

<金鼓:濁酒の開封方法>
・アイスピックやドライバーセットに入っているような千枚通しを用意します
・透明のプラスチック製コップを2個ほど用意します
・瓶を料理ボールの上にボトルを置きます
・千枚通しのとがったほうを瓶キャップに押し当て、まだグイと穴を開けてはだめです、千枚通しのもち手の上から透明プラコップをかぶせます
・つまり、これからキャップに開ける穴から噴出してくるガスと内容物を受けるためです
・覚悟を決めて、プラコップの上から千枚通しを、グイと穴を開けます
・かなり大きな音と、圧力に驚くかと思いますが、それに耐えて、冷静にプラコップで噴出してくるガス+内容物を受け止め、ボールに落とします
・すぐに噴出は止まりますが油断は禁物です、先ほど開けた穴にどぶろくの米粒が詰まっているだけですから
・千枚通しの角度を変えるなどして、詰まりモノを外しつつ、その都度、ものすごい音と噴出物の圧力を感じることになりますが、瓶内部の圧力を完全に抜きます、小生の場合、最終的には穴を複数個開けました
・やっと、アルミカバーを外して、キャップを外し、どぶろくに対面です :-)
・保存は、この「穴を開けたキャップ」で冷暗所に置きましょう
・翌日?、開けるときには、もしかしたらガスがたまっていることもありえますので、開けた穴に楊枝でも突っ込んで、ガス抜きをしてからキャップを取ることをお勧めします

と、これは、自分への備忘録も兼ねての手順でした。



[Synchro In City #76b]
SynchroInCity76b
Zeiss Ikon + G-Planar T* 35/2 M-mod, efke KB100
Self Development
Scanner: CanoScan 9000F + Silverfast SE plus

テーマ : カメラ散歩
ジャンル : 写真

tag : Camera.ZeissIkon Lens.G-PlanarT*35/2M Films.efke-KB100 街.新宿・代々木 街.中野・高円寺 街.世田谷・杉並 暗渠.神田川

コメント

非公開コメント

プロフィール

Weekend Outdoors

Author:Weekend Outdoors

検索フォーム
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
タグ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
参加しています
にほんブログ村