FC2ブログ

お会式 2014 #1 / Oeshiki 2014 #1

[お会式 2014 #1]
お会式2014-01a
(画像をクリックすると Flickr で縮小前の画像をごらんいただけます)
そりゃぁ / Yee Haw: 月例コンテスト「がんばる姿」
Hasselblad 500C + CF-MakroPlanar T* 120/4, Kodak T-MAX 400
Self Development - Speed: ISO1600 / Developed: EI3200, 3 push
Scanner: CanoScan 9000F + Silverfast SE plus






小生が住む地域の最大のお祭りである、池上本門寺のお会式が例年通り、10月11日から13日に行われました。
特に12日夕方から深夜にかけては「万灯(まんどう)練り行列」が執り行われます。信者たちが独特なリズムと楽曲の読経と電飾コテコテの万灯が参堂を練り歩き、池上本門寺本堂に上がるための108段あるといわれる此経難持坂を上り、本堂に参詣します。
「がんばる姿」ということで、この万灯練り行列の中で纏(まとい)を勢いよく舞いあげる姿をから1枚選びました。

例年、この祭りの撮影に使う機材は悩みどころではあるのですが、ここのところの機材の傾向に従い(笑)、前年のお会式から1年の間に手に入れたレンズで気に入った、標準 and/or 中望遠を選択してました。
Hasselblad 500C + CF Makro-Planar T* 120/4
②Zeiss Ikon + G-Planar T* 45/2 M, G-Sonnar T* 90/2.8 M

フィルムは120と135共に、次の1種類に絞りました。
③Kodak T-MAX 400 (120/135それぞれ2本ずつ、撮影時感度設定:ISO1600、 現像時感度設定:EI3200、T-MAX現像液使用)

そう、先日導入の CF Makro-Planar T* 120/4 は、このお祭りを写すのに使いたかったのですね。
Hasselblad 500 シリーズという中判「フィルム」カメラをこんな場面=夜間のお祭り撮影 に使うなんて、ちょっと無謀?
更に標準の C Planar T* 80/2.8 ですら、しっかりとピントを合わせないとならないぐらいの薄いピントの中判カメラ、それにもかかわらず、f:120mm(135ならf:66mm程度)というちょっと望遠気味を使おうとは....、我ながら冒険だったかな、と。
夜間のお祭りゆえ、明るさとしては ISO1600 の感度であったとしても、絞れて F:5.6、シャッタースピードは 1/30秒....
もう、被写体ブレは仕方ないにしても、手ブレだけはしないように、しっかりとホールドして撮影することに集中することにしました。
ちなみに冒頭の写真は、たまたま、照明がとても明るい場所だったので、シャッタースピードが稼げて、少し絞ることができました。


そして、今回は更に冒険(?)して、デジカメも本格的に使ってみることにしました。
SIGMA DP3 Merrill

ISO1600 に設定して、モノクローム現像してみました。
このアイディア、いつもお邪魔しているブロガーがエントリしていらしたので、自分でもやってみようと思った次第。
とかく Foveon センサーは低感度で、高感度撮影のノイズはひどい、との話を信じきっていて、ISO200以上に上げたことは全くありませんでした。でも氏の記事のとおり試してみたところ、確かにモノクロームに仕上げれば、ノイズは気にならないし、つややかさはなかなかのもの。氏はSigma Photo Proで現像する際、Blue=100% に調整すことをお勧めしていますが、今回は、全色素を使い、露出を調整して整えています。


それでは、明日からしばらく今年の万灯練り行列のシーンを続けます。

テーマ : カメラ散歩
ジャンル : 写真

tag : Camera.Hasselblad500C Lens.CF-MakroPlanarT*120/4 Films.Kodak-TMAX400 街.大森・蒲田 行事.祭り

コメント

非公開コメント

プロフィール

Weekend Outdoors

Author:Weekend Outdoors

検索フォーム
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
タグ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
参加しています
にほんブログ村