FC2ブログ

街の秋 2014 #1 / Autumn In The City 2014 #1

[街の秋 2014 #1 / Autumn In The City 2013 #1]
街の秋2014-01a
(画像をクリックすると Flickr でスキャンしたままの画像をごらんいただけます)
Hasselblad 500C + CF Makro Planar T* 120/4, Kodak Portra 400
Scanner: CanoScan 9000F + Silverfast SE plus






この日は、上野の森美術館で開催されていた「ボストン美術館浮世絵名品展:北斎」を見てきました。

はっきり言って、目からうろこ、大きな衝撃を受けてきました。

浮世絵といえば、写楽の歌舞伎役者、広重の東海道五十三次が思いつきますし、これまでも良く見ていたはずなのですが、今回の作品展のように北斎をまとめて、体系立てて一覧することにより、知識も深まりましたし、見所や偉大さが良く分かったのです。お茶漬けのおまけを集めているだけでは気づけず、自分でお金を払ってじっくりと見たからなのでしょうね(汗)

この浮世絵、「浮世」の絵だと理解していました。確かにその意味もあるのですが、「浮絵」という西洋の遠近法を取り入れた画法のこともさすことを知りました。遠近法を用いることで、背景から近景にある絵の主体が浮き出て見えることからの命名とのこと。そうだったのか。確かに、言われてみれば冨嶽三十六景の構図など、遠近法を使って、まるで写真のよう....

そう! 写真なのです。
浮世絵作品展を見ているのにもかかわらず、途中から写真展を見ているかのような気持ちになってしまったんです、今回、この北斎展を見ていたら。先の冨嶽三十六景や、富嶽百景を例にしてみれば、時に超広角レンズで目の前の出来事を一瞬につかんだような景観だったり、時に標準レンズをつかったかのような目の前のものを捉えたスナップだったり、時に望遠レンズを絞り込んで撮影したかのような遠景と近景のバランス感のある景観やポートレートだったり。題材に花鳥風月単体もあるものの、多くはそれに絡む人、特に市井の人、顔はあったり、後ろを向いて見えなかったり、見えなくても何を見ているのかが想像できるような仕草。絵(浮世絵)だからこそできる決定的瞬間の1枚。

北斎の作品、特に、浮世絵に、まるで写真を見るような現実感=リアリティを強く感じたのです。
そして、そこに、自分が追い求めていた写真のひとつの姿を示されたような強い衝撃を感じたのです。
「あぁ、こんなふうに写真を撮っていきたい」って。
敢えて付け加えさせていただくと、こんな写真を撮ってみたい、ではありません。ここでは。あくまで、こんなふうに写真を撮っていきたい、です。北斎が絵を描きたいと思ったのと(たぶん)同じ気持ちで、小生も写真を撮っていきたい、ということです。ま、結果として、北斎を強く意識したような写真を撮ろうとしてしまうのかもしれませんが。それは、まずは形から入る、ってところでしょうかね。まだまだ、序の口 :-)

というわけで、作品展の目録を手に入れ、追加で数冊の浮世絵集を手に入れて、じっくり見ているところです。
そんな中でも、秀逸だなと思った本を最後に紹介したいと思います。
それは、和綴豆本:富嶽百景 です。
手のひらサイズの和綴本、抜粋ではあるものの北斎の精緻な筆遣いと、大胆な構図をどこでも楽しめます。ここのところ、ちょっとしたお出かけには鞄に入れて、移動途中に出しては眺めています :-)

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 写真

tag : Camera.Hasselblad500C Lens.CF-MakroPlanarT*120/4 Films.PORTRA400 街.上野・御徒町 動植物.紅葉

コメント

非公開コメント

No title

どもども。

三河の地方都市でも浮世絵展をやっているんですよ。
ただ時系列に沿って展示しているだけでも良いモノではあります。

しかし、体系だててってのは上野や東京には敵いません。前も地中海文明の興廃と連携した展示は良かったなあ。酔っぱらっているので何がテーマだったか思い出せないのですが、ロゼッタストーンの本物を見ましたよ。東京は凄いなあ。

ただ、人が多いですよねえ。平日のすいている時間帯に行ければいいんですが。

Re: No title

Rikkieさん、コメントありがとうございます。

> 三河の地方都市でも浮世絵展をやっているんですよ。
> ただ時系列に沿って展示しているだけでも良いモノではあります。

そうでしたか!
浮世絵を今回エントリさせていただいたように遠近法を取り入れた画法、と捉えてみていただけると、また、違った見方ができるのではないかと。

> ただ、人が多いですよねえ。平日のすいている時間帯に行ければいいんですが。

ですね....
今回も、たまたま平日休みだったので、ゆっくり見ることができました :-)
プロフィール

Weekend Outdoors

Author:Weekend Outdoors

検索フォーム
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
タグ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
参加しています
にほんブログ村