FC2ブログ

Zeiss 沼78丁目

正常進化 :-p





相も変わらず、Contax/Kiev マウントのカメラを追い求めております(汗)

いつものようにオークションサイトを巡回していたら、何やら気になる?、黒いカメラが。
Kiev 4am とな。
Contax/Kievマウントカメラの事実上の最終製品。いや、正確には Cosina から Bessa R2C が出ていますから、最終ではないか。
Carl Zeiss Jena Biogon 36/2.8CJupiter-12 35/2.8C が装着できるフィルムカメラ、というと最新型とは言えそうです :-p


[Kiev 4am w/ Helios 103 body from Ukraine]
Kiev4am-01a


本場(?)、ウクライナからいらっしゃいました。
オデッサあたりなので、カメラの名称キエフではありませんが、どうやら空輸の途中でキエフに寄航しているようです。(荷物のトレースで知りました)


[Kiev 4am w/ Helios 103 body from Ukraine]
Kiev4am-01b


冒頭に「正常進化」と書きましたが....、
①巻き上げノブ+シャッタースピード設定は、大型にそして、スピードは見やすく上面に
②巻き戻しは弱々しいながらも、クランクがついて巻き取りスピード向上と手が痛くならないように
③巻き上げは取り外し型スプールではなくて、固定式に
てな進化がなされています(汗)
②と③は、まるで ライカM2型がM4型になったように、って例えが.....(汗)
かたくなにフィルム巻上げをノブで行っていた Kievカメラも Kiev 5 ではレバー式になったのはご存知の通り。
その Kiev 5 は外爪式のみのマウントであることから、これまでとは別物。
ContaxⅡ の進化系は、舞台をウクライナに移して、Kiev 4am として、ココまで来たんですねぇ。
そんな目で見ると感慨深い。

出来上がりの感じ、持った感じ、操作する感じは、いずれも、ちょっと安普請なことは否めません。
ま、そんなこと気にせずにいれば、黒いボディは、ちょっと精悍?
シリアル番号から '82製であることが推測されますが、ボディー色に黒が加わったのは時代を取り入れているんでしょうね。
とはいえ、その時代に、この手のカメラがどれだけ人気があったのか?
一眼レフ最全盛の80年代に、このカメラの立ち位置がどうだったのか?
ま、いろいろとあるんでしょうね。

遠路、故郷(?)、ウクライナから極東の日本へ届いたこのカメラ、万全な機能とオークションサイトには謳われていたのですが、まあ、これまたいろいろあって(笑)
1/25秒以下のシャッタースピードでは、後幕(後シャッター?)があがってこない....
時々動きますが(笑)
使うことはなさそうですが、1/10秒以下だと、後幕戻り不調が顕著に。
まあ、いいでしょう、これぐらい。
クレーム? しませんよ、今回は。
返送費用の方が高くつきそうなぐらいの価格なんですから(笑)

で、フィルムを詰めて撮影終了となった時、フィルムを巻き戻すためのリバースピン(ギア解除)が分からない!


[Kiev 4am 底面]
Kiev4am-01c


ね、ContaxⅡ や Kiev 4a までにあったボタンがないでしょ?
って、頷ける人って、どれぐらいいるんだろ....
ググッてみても出てこない(見つけられない)。
底蓋を開けたときのことを思い出してみると....、底蓋固定のための片方のノブに工夫(?)があって、ノブを少しだけ開放方向に回すとリバースピンが押し込まれる構造になっています。
写真向かって左側(巻き取り側)を45度ぐらい戻すんですね。ここのところ何のクリック感もないので、あまり戻しすぎると裏蓋が浮いてきて、せっかく撮影したフィルムが感光してしまいそうになる、ってのがナントモハヤ....
巻き戻しレバーが動く程度に落ち着いて、様子を見ながらノブを戻します。
ホント、隙間ができてフィルムが感光しないかヒヤヒヤ....、ロシアンルーレットじゃあるまいし(笑)


付いてきたレンズは Helios 103、ダブルガウス型といわれる、焦点距離:53mm / 最小絞り:1.8 というスペック。
絞りのクリックは 1.8 の次が 2.8....、何で 2 がないの?
鏡筒はプラスティック、全然高級感無し(断言)。


[Kiev 4am + Helios 103 試写1a: 絞り開放 F=1.8]
Kiev4am-01d
Kiev4am + Helios103 53/1.8 C, Kodak ProFoto XL 100
Scanner: CanoScan 9000F + Silverfast SE plus


[Kiev 4am + Helios 103 試写1b: 絞り F=5.6]
Kiev4am-01e
Kiev4am + Helios103 53/1.8 C, Kodak ProFoto XL 100
Scanner: CanoScan 9000F + Silverfast SE plus


絞り開放では、やはりフレアが出ているようですが、まあ十分な解像度かと。
前ボケも後ろボケもにじむようなできばえで、とても素直かな、と。
それにしても、随分とあっさりとした色調だこと(汗)


[Kiev 4am + Helios 103 試写2]
Kiev4am-01f
Kiev4am + Helios103 53/1.8 C, Kodak ProFoto XL 100
Scanner: CanoScan 9000F + Silverfast SE plus


東京方面では45年ぶりの大雪の翌日、雪の白と湿った路面で、強い逆光でも、いい描写していると思いません?
言ってはナンですが、中古市場では値があるのか、ないのか分からないような安値のレンズなんですが、ちょっと侮れないな、と思った次第。

もう一枚。


[Kiev 4am + Helios 103 試写3: 絞り開放 F=1.8]
Kiev4am-01g
Kiev4am + Helios103 53/1.8 C, Kodak ProFoto XL 100
Scanner: CanoScan 9000F + Silverfast SE plus



というわけで、カラーフィルムで撮影してから後、実は使っていません(爆)
いつもならモノクロでも調子を見るのですが....

また、時間を作って使ってみたいな、と思っております~


<2014-3-15追記>-------------------------------------------------
いつも参考にさせていただいている方から、フィルム巻き取りリリース
についてコメントをいただきました。
底蓋のロックキーの外側に小さな凹みがあります。
底蓋を浮かせるためのボッチ(凸)のちょうど対角あたり。
45度というより30度ぐらい。少し戻すという感じ。
これで、安心して巻き戻せます。
ご教示いただきまして、どうもありがとうございました。
----------------------------------------------------------------

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : Camera.Kiev Lens.Helios53/1,8C Films.Kodak-ProFotoXL100

コメント

非公開コメント

No title

どうもごぶさたしてますたかなしです。
いよいよ危ない沼を渉りはじめたようですね^^
底蓋ロックキーの外側、実は45度ほど回ったところにドットが打ってあるんです。
底板にあるでっぱりの丁度対角あたりですね。
シルバー仕上げだと赤色を刺してあるんですが、ブラックペイントだと潰されているのかしら。

Re: No title

たかなしさん、コメントありがとうございます。
いつもうかがっていたり、データを参考にさせていただいたりしているのですが、コメント残さず、すみません。

> いよいよ危ない沼を渉りはじめたようですね^^

4am止まりですよ、きっと....

> 底蓋ロックキーの外側、実は45度ほど回ったところにドットが打ってあるんです。
> 底板にあるでっぱりの丁度対角あたりですね。
> シルバー仕上げだと赤色を刺してあるんですが、ブラックペイントだと潰されているのかしら。

よく見たらありました、凹みが!
ペイントされていないので、気づきませんでした。
45度は大げさですね、約30度ぐらいでしょうか。

ご指摘、ご教示、ありがとうございます!!

No title

どもども。

ネットオークションで登場するウクライナのセラーってのは、サムネイルで表示したカメラの画像を拡大すると、複数の角度で個体の画像を表示するあそこでショウか。

拙僧は詳しくないのですが、どうも郵便に関しては国ごとの条約があるらしく、イギリスやドイツは案外安い(1000円前後)なのに対し、ウクライナは妙に高いですね。1400~1700円だったと記憶しているのですが。

高いとも言えないが安いとも言えない値付けで、送料込みを考えると微妙なんですよね。保証付きって謳っていますけど、5000円くらいのカメラだったらウクライナを相手にクレームするのは面倒ですよね。あっしも懐に余裕があるときに何度か買ったことがあります。ほぼ大丈夫ですが、撮影上致命的な問題を抱えているものもありました。
最近でもたまに欲しくなる時があるのですが、あっしが新宿や中野、銀座へ自由に行ける身分だったら買わないな、と思って我に返ります(笑。

Re: No title

Rikkieさん、コメントありがとうございました。
返答遅れて、すみません。

> ネットオークションで登場するウクライナのセラーってのは、サムネイルで表示したカメラの画像を拡大すると、複数の角度で個体の画像を表示するあそこでショウか。

Rikkieさんがご存知のところかどうかは不明ですが、選ぶ際には比較的多くのブツ写真を掲載しているのと、問いかけメールを出して、そのレスポンスを見るようにしています。

> 拙僧は詳しくないのですが、どうも郵便に関しては国ごとの条約があるらしく、イギリスやドイツは案外安い(1000円前後)なのに対し、ウクライナは妙に高いですね。1400~1700円だったと記憶しているのですが。

送料ってのも、実は上を見た値段だったりすると本体にかかるコミッション以外で利益を得る手段だったりして、なんてナナメに見てしまったりします :-p

> 高いとも言えないが安いとも言えない値付けで、送料込みを考えると微妙なんですよね。保証付きって謳っていますけど、5000円くらいのカメラだったらウクライナを相手にクレームするのは面倒ですよね。あっしも懐に余裕があるときに何度か買ったことがあります。ほぼ大丈夫ですが、撮影上致命的な問題を抱えているものもありました。

保証をかざして引き取ってもらったことは2度ありますが、結構モメますよね。

> 最近でもたまに欲しくなる時があるのですが、あっしが新宿や中野、銀座へ自由に行ける身分だったら買わないな、と思って我に返ります(笑。

新宿・中野・銀座、いずれもそう遠くはないのですが、いつでも行けるかというと、そうでもないので、つい、クリックして(ry
プロフィール

Weekend Outdoors

Author:Weekend Outdoors

検索フォーム
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
タグ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
参加しています
にほんブログ村