FC2ブログ

Zeiss 沼72丁目

前回懸案の....





約80年前のレンズ Carl Zeiss Jena Sonnar 135/4 のピント感。
Zeiss Ikon に Contax - Leica M マウントアダプターを介して Zeiss Ikon に装着した結果、どうもピントが思ったところには出ていない、と気になっていたのです。
きっとこのアダプターを装着したときのカメラシステムが、f:135/F:4 の薄いピントに追従できていないかもしれない、と。

まずは、被写界深度を計算してみると....
距離: 1.5m (Sonnar 135/4)の再近接付近では、被写界深度は 1.5mm しかありません!

そして、代表的なレンジファインダー機の基線長を以下に列記してみます。
① Contax Ⅱ : 基線長: 90mm、有効基線長: 63mm(※1)
② Zeiss Ikon; 基線長: 75mm、有効基線長: 55.9mm(カタログ値)
③ Bessa R2C ; 基線長: 37mm、有効基線長: 25.9mm(カタログ値)
④ Leica M3 ; 基線長: 69.3mm、有効基線長: 62.3mm

※1: 以下に情報を入手した先のリンクを記載します。
ContaxⅡの基線長: 

うーん、これって、以前、Bessa R2C に Sonnar 85/2 を装着したときの悩みと似ています。

というわけで、Sonnar 135/4 を本来の(?) ContaxⅡ に装着して試してみることにしました。

まずは、近接側のピント合わせから。

[Carl Zeiss Jena Sonnar 135/4 試写 2a: 絞り開放 F=4]
Sonnar135-4_02a
Contax Ⅱ + Carl Zeiss Jena Sonnar 135/4 C, Kodak Portra 160
Scanner: CanoScan 9000F + Silverfast SE plus

[Carl Zeiss Jena Sonnar 135/4 試写 2b: 絞り F=8]
Sonnar135-4_02b
Contax Ⅱ + Carl Zeiss Jena Sonnar 135/4 C, Kodak Portra 160
Scanner: CanoScan 9000F + Silverfast SE plus


うわ、ピントばっちり :-)
では、無限遠のピント。


[Carl Zeiss Jena Sonnar 135/4 試写 2c: ピントは手前の電線]
Sonnar135-4_02c
Contax Ⅱ + Carl Zeiss Jena Sonnar 135/4 C, Kodak Portra 160
Scanner: CanoScan 9000F + Silverfast SE plus

[Carl Zeiss Jena Sonnar 135/4 試写 2d: ピントは奥のビル=無限遠]
Sonnar135-4_02d
Contax Ⅱ + Carl Zeiss Jena Sonnar 135/4 C, Kodak Portra 160
Scanner: CanoScan 9000F + Silverfast SE plus


ピントはばっちり合っていますし、無限遠=ビルのピントもビルの窓ガラスの見え方で合っていることを確認できます。


ここまで見てきて、Contax Ⅱ の能力の高さがすごくよくわかりました。
カメラって面白いな、って改めて思った次第です。

テーマ : フィルムカメラ
ジャンル : 写真

tag : Camera.Contax2 Lens.Sonnar135/4C Films.PORTRA160

コメント

非公開コメント

プロフィール

Weekend Outdoors

Author:Weekend Outdoors

検索フォーム
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
タグ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
参加しています
にほんブログ村