FC2ブログ

Anchor #3

[Anchor #3a]
Anchor03a
Sigma DP2 Merrill


備忘録ついでに機材やプリントについてのご紹介~





このお店での撮影を中心に考えて、Carl Zeiss Jena Sonnar T 50/1.5 は外せないところから組み立てています。
撮影している最中、露出でアレコレと悩んでいては、お酒をゆっくり飲んでいられませんので(笑)、プログラムAEの Zeiss Ikonマウントアダプター経由で装着しています。
フィルムは、こんな撮影シーンには欠かせない、Kodak T-MAX 400。撮影時には ISO800 にして、EI1600の条件で現像しています。
なると、悩ましいのが、この Sonnar の最小絞りが F:11 までしかないこと。やはり、この Sonnar は夜にだけ使うか....



[Anchor #3b]
Anchor03b
Sigma DP2 Merrill



では、日中はどうするか?
f:35mm 1本で行くか!
ではレンズは?
その描写の柔らかさ心地よくで、かつ、小型で取り回しのいい、W-Nikkor C 35/2.5 にしました。
これも L/Mリングを介して Zeiss Ikon に搭載します。

というわけで、荷物のこともあるので、交換レズはこれ以上ナシ。

デジカメは、画質重視で Sigma DP2 Merrill を選択しました(予備電池一杯持って :-p )。
それとメモ代わりに Sony Cyber-shot W350 を使っています(1.4倍ズームにして、焦点距離 f:35mm相当にしてずっと使っていました)。



[Anchor #3c]
Anchor03c
Sigma DP2 Merrill



今回、このようにお店にお邪魔して撮影させていただいたので、マスターに写真をプリントして送ることにしました。
プリントと言っても、スキャナーでスキャンして、インクジェットプリンタで印刷ということになります。
アナログ:銀塩フィルム → スキャナーで電子化 → インクジェットプリンタで紙面に、というプロセスですね。
デジカメ:DP2Mは、Monochrome Mode でモノクロ画像にして、インクジェットプリンタで印刷しました。

で、今回は普段家族用に使っている用紙より数段上の用紙を使ってみることにしました。
4カットを選んで2L版に。
用紙は、ピクトランの局紙とバライタ紙、どちらもインクジェットプリンタ用です。
結果としては、2種類試してみて、今回はバライタ紙に印刷した写真を送ることにしました。

今回驚いた、いや、普通そうなのでしょうけれど、印刷する紙によって表現が大きく変わる、ということです。

その他多数のL版のプリントも普段より1段階ぐらいいいグレードの用紙にしたのですが、トーンの出方、細部の表現が違うんですね。
印刷してすぐではなくて、1日ぐらい経ってから見るとモニターで作り込んだ(というほどのものでもありませんが、露出調整した程度ですかね)見栄えが、そのまま表現できているように見えるんです。
普段からこちらの紙を使いたい、とは思うものの....

で、ピクトランの紙、いやぁいいですねぇ、ホント。
値段は語る! といえばそれまでですが、味もあるし、思い通りのトーンというのか、リアリティを紙の上に表現してくれます。
今回、数ある紙の中でピクトランを選んだのは、4月に行った Scott Tsumura さんの写真展で使っていた紙を思い出したからです。
あの時、プリントの仕上りに興味を示してた小生に、Scottさんが気付いて、ピクトランのことを教えていただきました。 (ホームページの案内にもそうかかれていますね)
そのときのことを思い出して、あれこれと取り寄せず、この同社の2種類に絞って手に入れることにしました。

で、「局紙」と「バライタ紙」にそれぞれ同じ画像を印刷してみたのです。
局紙は、よく言われる、独特のザラッとした雰囲気と、見る方向によって、キラキラとする見栄え、魅力があります。
バライタ紙は、ローエストの中の黒、ハイエストの中の白、どこまでもトーン差が探り出せるのではないかと思わせるような透き通った透明感のある見栄え、凄みさえ感じます。
最終的にバライタ紙を選択したのですが、もしかしたら、フィルム=Kodak T-MAX 400 との相性もあるのかも、なと。
すっきりさわやか系モノクロの再現は、バライタ紙に合っている.....
あ、素人の直感ですよ、気分の問題かもしれませんし....(汗)

ちなみに、DP2 Merrill + Monochrome Mode の画像(1枚)は、局紙の方が雰囲気出ていたんですよ、実は。
でも、T-MAX 400 からの画像(3枚)がいずれもバライタ紙の方がよかったので、全部バライタ紙にそろえることにしました。
1枚ぐらい違う紙で渡しても気付かなかったかな....

というわけで、ピクトランの紙、それぞれ20枚ぐらいずつ残っているので、何か機会があったら試してみます。



[Anchor #3d]
Anchor03d
Sigma DP2 Merrill

tag : Camera.SIGMA-DP2 街.名古屋 人.Anchor

コメント

非公開コメント

プロフィール

Weekend Outdoors

Author:Weekend Outdoors

検索フォーム
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
タグ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
参加しています
にほんブログ村