FC2ブログ

Zeiss 沼53丁目

Carl Zeiss銘レンズ搭載のデジカメ!





って、なんだと思われたでしょうか?
小生が手に入れてきた Carl Zeiss銘のレンズが搭載されたデジカメはこちら :-p


[Sony Cyber-shot W350]
SCW350-01a


ふふふ。
Sony Cyber-shot W350 でございます。
この手は2度目(初回はコチラ)ですね。


中古カメラ店で、手ごろな価格で置いてあったので、連れて帰ってきてしまいました~
というのも、これまで使っていた DCS-T9 のリチウム充電池がかなり疲れてきて、一晩充電していても満充電されなくなってしまったのです。
当初は2個あったはずの充電池も、1個がどっかに行ってしまって、見つからず。
なので、リチウム充電池を探してもいいのですが....
リチウム充電池を探しに行ったお店で、綺麗な個体を見かけたものですから....

というわけで、かなりのグレードアップ :-p

画素数は 600万画素 → 1410万画素 へと倍増。
なんですが、レンズはというと、
・T9はバリオ・テッサー(レンズ構成:9群11枚〈非球面レンズ3枚/プリズム1枚〉)F3.5-4.3 f=6.33-19.0mm(38-114mm)
・W350はカールツァイスレンズ バリオ・テッサー(レンズ構成:5群6枚〈非球面レンズ3枚〉)F2.7(ワイド端時)-5.7(テレ端時) f=4.7-18.8mm(26-105mm)
と良くなったんだか、どうなんだか....

Tessar といえば、先日古本屋めぐりで見つけた本に、初代(?)アナスチグマート(収差補正レンズ)として有名で、このタイプのレンズが世界を席巻していた、と。曰く、シャープに写る(収差が補正されているので)。
その後のレンズはテッサー型から発展して、大口径ハイスピードレンズやより画面の平坦度を目指したりと、新しいガラス素材の開発とともにバラエティが増えてゆくという....
そんなレンズの歴史を知っていると、ありがたみも変わってくるとか、ないとか....
って、このクラスでレンズ云々ということはないのかもしれませんね。
Sonyもわざわざ Carl Zeiss銘を付けることで、他社と差別化を図ることができているのでしょうか?
この手のデジカメを買う側って、レンズへの Carl Zeiss銘有無が決め手になるようなことって、ないように思えます。
だいたい、コンデジ=コンパクトデジカメ と最近まで言っていたタイプ、この頃はスマートフォンに搭載されているカメラ機能の高度化により、差別化のためにコンデジが高級化傾向にあるため(??)、このクラスのデジカメの適切な呼び方を見失い、また、市場も縮小傾向にあるのではないかと思っています。
そのうちなくなるんじゃなかろうか。


Sonyのデジカメ、Carl Zeiss銘のレンズを色々と搭載してくれます。
高級方面は Sonnar、小型軽量(お手ごろ価格)は Tessar。なぜか、Planar や Biogonは無いのですね....
ま、Biogon 形式はフランジバックが短そうなので、難しかろうかと思いますが、ダブルガウスの Planar なら何とかなりそうな気がするんですけど。
ボケが巻くとか、樽型になるとか、Sonnar より修正が難しいんでしょうかね。日本人の好みに合うような絵を作るに....


というわけで、ちと試写から、数枚。


[Sony Cyber-shot W350 試写a]
SCW350-01b
Sony Cyber-shot W350


ま、普通ですね(爆)
最近のデジカメで、画像を云々できるような能力、小生は持ち合わせておりません。
広角側の 135フォーマットで言えば f:26mmの画角、つまり超広角。直線もひずんでいないし、周辺減光はほとんど認められないし、暗部から明部までまあまあのラティチュード対応力。
てか、どこでこのデジカメを手に入れたか、バレバレです(笑)


[Sony Cyber-shot W350 試写b]
SCW350-01c
Sony Cyber-shot W350


Photoshop でモノクロにしてみました。
モノクロに変換して、明るさを調整しています(左下がより黒くなるように)。
空の部分に、粒子感が欲しいぐらいですかね(爆)

更に強い逆光にするとどうなるか....


[Sony Cyber-shot W350 試写c]
SCW350-01d
Sony Cyber-shot W350


これも Photoshop でモノクロにして、明るさなどをいじってみました。
カラーだと、結構、色転びや虹色のフレアが起こっています(笑)

反対に光の乏しいしっとり(じっとり?)な場所の描写。


[Sony Cyber-shot W350 試写d]
SCW350-01e
Sony Cyber-shot W350


うーんこれは難しかったですかね。
艶の感じ、この画像も Photoshop でちょっといじってみたのですが、Sigma DP2s の時みたいに表現されませんね。
ま、当たり前ですかね....

あ、ちなみに、試写d は、2倍ズームにして、f:52mmにして写しています。
135フォーマットでは、広角側が f:26mm なので、f:50mmにするには約2倍、f:35mmにするには約1.4倍、f:85mmにするには約3.3倍(くどいか...)。
プリセットができないので、ちと意識してズームを使わないとなりませんかね。

試写の最後にf:50mm相当の画角で、これも表現の難しいターゲットを(笑)。
これは、撮って出しの画像です。


[Sony Cyber-shot W350 試写e]
SCW350-01f
Sony Cyber-shot W350


ま、使ってナンボのコンパクトなんで、しばらくの間、お付き合いいただくこととしましょう。
って、この程度のデジカメをこんな風に評価しているサイトなんてない、ですよね :-p

tag : Camera.Sony-CybershotW350

コメント

非公開コメント

プロフィール

Weekend Outdoors

Author:Weekend Outdoors

検索フォーム
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
タグ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
参加しています
にほんブログ村