FC2ブログ

Zeiss 沼49丁目

やっぱり、ティーンズがいいですよね。




って、超広角レンズのハ、ナ、シ :-)
(ナンだと思っていました?)


[Super Wide-Heliar 15mm F4.5 Aspherical Ⅱ]
SWH15-01a



Zeiss Ikon で使う超広角レンズをしばらく前から狙っていました。
一時期は、CONTAX G レンズで有名な Hologon T* 16/8 のライカMマウント改造でも、と真剣に考えていましたが、あの特徴的な後玉がシャッターに触れてしまいそうなので、やめることにしました。
これについては、実際やったことがない(※1)ので、ライカMマウント改造Gレンズホロゴンの Zeiss Ikon への適用可否について情報をお持ちの方は、是非お教えいただきたく。よろしくお願いします。
※1:某店でたまたま入荷していたライカMマウント改造のGホロゴンを小生の Zeiss Ikon に装着まではしてみましたが、シャッターを切るのは、当たるのが怖いのでやめよう、と言うハナシになりました。なんとなーく、大丈夫のような気がするのですが、シャッター幕を動かすための腕(?)とシャッター幕を留めているピンが、その動きによっては触りそうな気配がしています。


次なる超広角レンズのターゲットは、ロシアン~な、f:20mmレンズ。
なかなか魅力的なレンズで、中古カメラ店めぐりで、かれこれ4本ぐらいは実物を触らせていただきました。
あのちっちゃな瞳は、品定めが難しく.....
といって、手に入れて試してみるというには、それなりの価格だし。
そして、f:20mmってインパクト感が小さい(なにがじゃ?)....


やっぱり、超広角レンズは、10代じゃなきゃ!


となると、選択肢はだんだん狭まってきます。


ま、インパクトと言う意味では、フィッシュアイ・レンズ というのもありますが、レンジファインダー用の交換レンズとしては発売されていないんですよね。
なぜなんでしょ?
それとも、小生が知らないだけ?


そこで、今回選んだのが、これ、Super Wide-Heliar 15mm F4.5 Aspherical Ⅱ。
それにしても、長い名前ですね。焦点距離は短いのに(笑)
今後、Super Wide-Heliar 15/4.5 VM と略記させてもらいます。


フォクトレンダー社からは、最小焦点距離の f:12mm になる Ultra Wide-Heliar 12mm F5.6 Aspherical Ⅱ が出ていますが、なぜか、気を引くのは f:15mm の方。
某サイトの作例集を見ると、f:12mm もなかなか魅力的なんですけれど、やっぱり気になるのは f:15mm の絵。
ま、ホロゴンに近い焦点距離だから、なのかも知れませんね、もしかして。

f:12mm のレンズは、その超々広角からデジタルな方面でもかなりもてはやされているようで、製造元(コシナ社)から細々(失礼)と新品が供給されている模様ですね。
ネットショップでも、リアルなショップでも現物を何度も見かけています。
大きくて根本(ボディ・マウント側)が細いキノコ型。
インパクトあります、外見でも。
外見のインパクト、と言う意味では、Carl Zeiss ZM の Distagon T* 15/2.8 ZM なんでしょうけれど値段的に手が出ない~、中古も見かけないし....
距離計に連動していない、ってのもちょっと残念。(買えない負け惜しみ、だけじゃないですよ)

しかしながら、f:15mm は欠品が続いているようで、品揃えしているお店がなかなか見つかりません。
やっと見つけたお店も、電話したら、「つい最近売れちゃったんですよね~」って....
だったら、ネット上のリストを見直しなさい!

で、あれば! 頼みの綱の逆輸入
Bessa R2C を入手したときに、その確実性は、実証済み、です。
あの時は、もう使うことないだろうな、と思っていたんですけどね~
でもまあ、決めてしまったんだったら、円安が進まないうちに.....(笑)
年末に決意して注文したら、丁度、元旦に届きました。
当に、お年玉(鏡玉)、ですね :-)



というわけで、正月らしく? 河原で凧揚げな風景写真で試写 :-p


[Super Wide-Heliar 15/4.5 VM 試写a]
SWH15-01c
Zeiss Ikon + Super Wide-Heliar 15/4.5 VM, Kodak Portra 400
Scanner: CanoScan 9000F + Silverfast SE plus



思い切りいいなぁ、この画角、この色。
超々広角レンズではあるものの、色々なところで書かれている通り、真っ直ぐは真っ直ぐにフィルムに落とされるのは、気持ちのいいものです。
さすがに、周辺は引っ張られる感(?)があるので、人物ポートレートする時には、中央に人を配しましょう(爆)

どこかに、この Super Wide-Heliar は青玉だって書いてあったのを読んだことがありますが、当に青玉。
太陽を背に向けてシャッターを切ると、簡単に青空が青く写ります。
周辺減光もあってか、青さが碧い(ん?、変な表現かな)。


[Super Wide-Heliar 15/4.5 VM 試写b]
SWH15-01d
Zeiss Ikon + Super Wide-Heliar 15/4.5 VM, Kodak Portra 400
Scanner: CanoScan 9000F + Silverfast SE plus


ホロゴンと違うのは、カメラをホールドする指の位置をそれほど気にしなくて良いことかと....
でも、下を向けると、自分の足元が写るし(笑)
今年の目標は、このレンズを下に向けて写しても「腹」が写らないようにすることかな(うそ)。


そして、このような超々広角レンズを手に入れると、小生は、無性に太陽を入れたくなります。


[Super Wide-Heliar 15/4.5 VM 試写c]
SWH15-01e
Zeiss Ikon + Super Wide-Heliar 15/4.5 VM, Kodak Portra 400
Scanner: CanoScan 9000F + Silverfast SE plus


コーティングがいいのでしょう、ヌケの良い絵になっています。

コントラストは、ホロゴンのそれよりきつくないようにも思えますね。
ま、それが語れるほどの見識があるわけではないので、聞き流してください....


続いてモノクローム。逆光続きで。


[Super Wide-Heliar 15/4.5 VM 試写d]
SWH15-01f
Zeiss Ikon + Super Wide-Heliar 15/4.5 VM, Kodak Tri-X 400
Self Development
Scanner: CanoScan 9000F + Silverfast SE plus


トーンがキレイ!
ちょっとコントラストが強いように思えますが、かえってクールな感じがして面白いかな、と。


[Super Wide-Heliar 15/4.5 VM 試写e]
SWH15-01g
Zeiss Ikon + Super Wide-Heliar 15/4.5 VM, Kodak Tri-X 400
Self Development
Scanner: CanoScan 9000F + Silverfast SE plus


まっすぐな直線も、キレイなトーンも :-)
とっても面白いレンズだと思いますよ、この Super Wide-Heliar 15/4.5 VM って。


最後にマップ。
今回は、やっと(?)、念願の穴をひとつ埋めることができました(喜)
SWH15-01h

tag : Camera.ZeissIkon Lens.SuperWideHeliar15/4,5VM Films.PORTRA400 Films.Kodak-TriX400

コメント

非公開コメント

No title

こんばんは。15㍉ですねぇ。私、このLマウントを使ってますけども、結構周辺流れてます・・・。こちらの画像を見ると、そんなことになっていないので「あれ?MとLで違うの?」という疑問が??基本、外では絞って使うので、そんなに差はないと思うのですが、何かお気づきのことございますか?

Re: No title

ringoさん、コメントありがとうございます。

> こんばんは。15㍉ですねぇ。
> 私、このLマウントを使ってますけども、結構周辺流れてます・・・。
> こちらの画像を見ると、そんなことになっていないので「あれ?MとLで違うの?」という疑問が??
> 基本、外では絞って使うので、そんなに差はないと思うのですが、何かお気づきのことございますか?

VMマウント と Lマウント で、基本的に光学系は同じ、ということになっていますね。(VMで距離計連動になっていますが)
F:4.5(絞り開放) の撮影が数枚ありましたが、残りはほとんど F:8 と絞っての撮影でした。
絞り開放だと、周辺が流れるというのか、ボケているかな、程度です。

15mmの画角とはこういう感じなんですね。

レンズの違いを語れるほど深い知識を持ってませんが、このレンズの画はいいですねえ!好みです。

Re: タイトルなし

gomrinさん、コメントありがとうございます。

> 15mmの画角とはこういう感じなんですね。

この焦点距離でこのサイズ(物理的大きさと値段)のレンズで収まるのが、レンジファインダーカメラの面白いところでもあります。

> レンズの違いを語れるほど深い知識を持ってませんが、このレンズの画はいいですねえ!好みです。

エントリにも書きましたが、f:12mm が世の中の最短かと思いますが、作例を見させていただいた限りでは、自分の感覚に合うのは(ついてゆけるのは)、この f:15mm だなと思っています。
万人受けする絵にはなかなかなりませんが、本当に面白い絵を作ってくれるレンズだと思います。
プロフィール

Weekend Outdoors

Author:Weekend Outdoors

検索フォーム
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
タグ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
参加しています
にほんブログ村