FC2ブログ

秋深し2012 7

[秋深し2012 7a]
秋深し2012-07a
CONTAX G1 + Planar T* 45/2, Kodak Tri-X 400
Self Development, ID-11 1:1
Scanner: CanoScan 9000F + Silverfast SE plus


家の近くも晩秋の雰囲気、モノクロ編。




[秋深し2012 7b]
秋深し2012-07b
CONTAX G1 + Planar T* 45/2, Kodak Tri-X 400
Self Development, ID-11 1:1
Scanner: CanoScan 9000F + Silverfast SE plus


[秋深し2012 7c]
秋深し2012-07c
CONTAX G1 + Planar T* 45/2, Kodak Tri-X 400
Self Development, ID-11 1:1
Scanner: CanoScan 9000F + Silverfast SE plus


つくづく、この組合せ、CONTAX G1 と Planar T* 45/2 は、いいなぁって思うんですよ。
G1の軽さ(G2はだんだかんだいって、重い)。
カメラ本体とレンズの鏡筒とのバランスも絶妙。
CONTAX G1 の設計者もこの組合せを基準に見栄えも含めて開発設計したんじゃないかな。
なんて思ってみたりして。


これから CONTAX G シリーズでフィルム写真をと考えている方!
CONTAX G1 で十分ですからね。
って、そんな人はもういないかな....

tag : Camera.CONTAX-G Lens.PlanarT*45/2 Films.Kodak-TriX400 街.大森・蒲田 動植物.紅葉

コメント

非公開コメント

No title

どもども。

相変わらず美しいネガですね。あっしの場合はやっつけ仕事ということもあって、どうにも荒々しくなってしまいます。
それはそれで気に入っているのですが。


あっしもG1は欲しいですよ。28mmか35mmだけで十分です。
AFがあてにならないと聞くのですが、そうでもないようですね。
目測で絞ってガシガシ撮りたいものです。

Re: No title

Rikkieさん、コメントありがとうございます。

> 相変わらず美しいネガですね。あっしの場合はやっつけ仕事ということもあって、どうにも荒々しくなってしまいます。
> それはそれで気に入っているのですが。

自家現像、今は現像液の希釈を色々と試しています。
温度や時間のブレをある程度吸収してもらえるかな、と思って。

> あっしもG1は欲しいですよ。28mmか35mmだけで十分です。

CONTAX G1 はお手ごろですからね、ホント。

で、レンズのほうですが、Biogon:28mm はお手ごろですが、Planar:35mm は高値安定ですね。
Planar:45mm もオススメですよ。あまりにインフルされていはいますが、そこはそれだけの理由があるということで。

小生はマイクロフォーサーズブーム直前の底値状態で Gレンズたちを手に入れました。
先日うかがったお店の話しでは、Sonyのフルサイズ・ミラーレス・デジカメ が次のブームの起爆剤になるのでは、とのことでした。

> AFがあてにならないと聞くのですが、そうでもないようですね。
> 目測で絞ってガシガシ撮りたいものです。

CONTAX G シリーズのピント問題(?)は、言い尽くされている感がありますが、まとめると2つ。
ピントが合わない、と、ピントを合わせるのに時間がかかる(ピント合わせに迷う)、ですね。

ピントが合わない点については、AFなので、自分が意図したところに合っていないことが多いのは、CONTAX G シリーズに限らず、一般的なことですよね。
特にレンジファインダー(?、コンパクトカメラと同じ素通しファインダー)では、ドコにピントが合っているのかが分らないと言われるのはアタリマエ。
ファインダー底部に出る距離指標で、絞り値からくる被写界深度と被写体距離との関係がある程度のことが判る人(あきらめられる人、あまりこだわらない人)であれば、許容範囲ですね :-p

ピント合わせに迷う=合焦能力は、救いようがあまりなく....
カメラ本体が合焦できるように仕向けてあげる、というクセを撮影者が身につけることができれば、許容範囲ですね :-p
プロフィール

Weekend Outdoors

Author:Weekend Outdoors

検索フォーム
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
タグ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
参加しています
にほんブログ村