FC2ブログ

Chest Level #35 - 蒲田

[Chest Level #35a]
ChestLevel35a
Bessa R2C + Planar 35/3.5 C, Kodak Tri-X 400
Self-Development
Scanner: CanoScan 9000F + Silverfast SE plus


アサブラ 蒲田
リハビリを兼ねて :-p




[Chest Level #35b]
ChestLevel35b
Bessa R2C + Planar 35/3.5 C, Kodak Tri-X 400
Self-Development
Scanner: CanoScan 9000F + Silverfast SE plus


[Chest Level #35c]
ChestLevel35c
Bessa R2C + Planar 35/3.5 C, Kodak Tri-X 400
Self-Development
Scanner: CanoScan 9000F + Silverfast SE plus


[Chest Level #35d]
ChestLevel35d
Bessa R2C + Planar 35/3.5 C, Kodak Tri-X 400
Self-Development
Scanner: CanoScan 9000F + Silverfast SE plus


[Chest Level #35e]
ChestLevel35e
Bessa R2C + Planar 35/3.5 C, Kodak Tri-X 400
Self-Development
Scanner: CanoScan 9000F + Silverfast SE plus



今年の10月はばたばたとしていて、お会式を撮影したぐらいで、他には週末にゆったりと写真を、なんてことがなかなかできませんでした。
なんだか去年もお会式を撮影したあとに、ちょっとしたスランプ(?)に陥ったような...
そして、1リットル分作り置きした ID-11 なんて、1ヶ月以上経っても使い切れず、黄色く変色してきてしまいました。

てなわけで、ブラパチでもしてリハビリ。

普段、自家現像においては、Kodak社製フィルムは Kodak T-MAX 現像液を使用して、それ以外は Ilford ID-11 を使っています。
最近は、時々、AGFA Rodinal R09 を使っています。
気持ち的には、上述の通り、ID-11 を使い切りたいものの、使いたいフィルムは Tri-X 400 だったりして、プチ葛藤。
色々なところで読んだり、聞いたりするなかでは、「Tri-X 400 は D-76 で現像が普通」なようですね。
ならば、D-76 と成分的には同じ ID-11 で、Tri-X 400 を現像してみるか、と。
しかしながら、過去2度ほど同じこと(Tri-X 400 を ID-11 で現像)をして、現像不足状態が続いたので、自分としては封印していた組み合わせではありました。
ま、そんな不文律(タブー)を自分で決めていてもつまらないので、三度目の正直?狙い。
現像状態不安定は、現像液を希釈して現像時間を延ばすことで解消しようかな、と。でもあんまり長いと飽きる(?)ので、現像温度を上げて頃合のいい時間にしたいな、と。
そこで今回は、現像液は 1:1希釈、現像温度は 24度にして、現像時間を 7:45 にしてみました。
原液20度の標準だと 6:00ですから、変わるというか、変わらないというか。

結果は、現像はOKの範囲。
やや過現像気味なのは、黄色く変色してきてた現像液の現像能力低下を想定して、希釈割合を 1.1:1 と原液を少し多めに入れた所為かも。
粒子感もT-MAX現像液処理と比べてもまずまず、って、その違いが分るほど語ることができないのですが、粒子感もまずまず。
中間色:グレーは、もしかしたら、ID-11現像処理の方が豊かかな。

24度の水温は、この時期ありがたい暖かさ :-)
この冬の現像処理は、フィルムに特段の指定がなければ、希釈+加温でやってみるかな、なんて思った次第。

しばらくこの組み合わせの写真を掲載します。

tag : Camera.Bessa-R2C Lens.Planar35/3,5C Films.Kodak-TriX400 街.大森・蒲田

コメント

非公開コメント

No title

どもども。

恥ずかしながら距離計コンタックス用のプラナー35mmがあるとは知りませんでした。
結構なクラシックレンズのようですねえ。
あっしも倒れた自転車って好きでよく撮るんですよ。

あっしはTriXもTMAXもSPDで現像しています。ファインプリントとは無縁ですが、なにせ赤貧なのでD-76のような高い現像液は使えません(--;。

Re: No title

Rikkieさん、コメントありがとうございます。

> 恥ずかしながら距離計コンタックス用のプラナー35mmがあるとは知りませんでした。
> 結構なクラシックレンズのようですねえ。

当時は、かの Biogon の廉価版として登場したようですが、写りはすばらしいと思っています。
最小絞り値 F:3.5 というのが残念ですが、開放ファナティックな方でなければ、十分楽しめると思います。
但し、タマ数が少ないようで、現在は Biogon より高値で取引されているようです。
現在では活用が限定的なContaxマウントしかないのにその値段なので、レアさが分ります。

> あっしも倒れた自転車って好きでよく撮るんですよ。

蒲田という場所が場所だけに、倒れた、というのか、倒されたというのか....

> あっしはTriXもTMAXもSPDで現像しています。ファインプリントとは無縁ですが、なにせ赤貧なのでD-76のような高い現像液は使えません(--;。

ID-11は、D-76とほぼ同成分・同性能で値段は安め、ですよ~
缶コーヒー1本我慢すると、SPDからステップアップ(?)できます。
2薬剤式なので、手間がかかりますが。
コストパフォーマンスでいえば、AGFA Rodinal R09 かもしれませんね。
プロフィール

Weekend Outdoors

Author:Weekend Outdoors

検索フォーム
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
タグ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
参加しています
にほんブログ村