FC2ブログ

Zeiss 沼37丁目

ちょっと不可思議な出来事。


[CONTAX G1 + Hologon T* 16/8]
G1_Hologon_03a


その独特な写りと格好でつとに有名なレンズ:Hologon。
ここのところ露出が定まらない事象が発生しているのです。


それは、2月初めの頃。
翌日の機材を揃えている時、動きを確認するために空シャッターを切っていました。
その時、Hologon を着けた CONTAX G1 のシャッタースピードが明らかに遅いと感じました。


詳しく見てみると....

フィルムが入っていませんので、DX検知が効かずISO100の設定になっていることは、確認済み。
その上で、CONTAX G1 に Hologon を装着すると、シャッタースピードは 1/4秒。
念のためにもう一台の CONTAX G1 に Hologon を装着しても、ほぼ同じ 1/4秒になりました。
それでは、CONTAX G2 に Hologon を装着してみると、なんとシャッタースピードは 1/30秒になるではありませんか。

CONTAX G1/G2 は、Hologon を装着すると、外部測光に切り替わります。
それにしても随分な違い、G1とG2で2段違う。


根本、CONTAX G1 の方がカメラがダメになったのかと思って、Planar T* 45/2 を装着してみると(TTL測光)....、
CONTAX G1 + Planar T* 45/2: 1/125秒 @ F=8 (2台とも)
CONTAX G2 + Planar T* 45/2: 1/125秒 @ F=8

Gossenの露出計(DigiSix)だとEV値は13(入射光)と出ましたので、Planar を装着したときの G1 と G2 のTTL測光は、ほぼぴったり。
EV値だけで言うと、CONTAX G2 + Hologon で約△2EV、CONTAX G1 + Hologon で△5EVですね。


うーん、ここまで来ると、カメラだけでなく、レンズを疑ってみたくなりますが、Hologon を2つも持っているわけでもなし....


そこで、新宿方面にあるいつもお世話になっている CONTAX 専門店の中古カメラ店に持ち込んで、お願いして試させていただきました。(だから若松町からあるくことを考えたのですね)
カウンターの上に、小生の CONTAX G1 + Hologon の他に、G1が3台ぐらい、G2が2台ぐらい、Hologon が1台....、かなり豪華な話しになってきました(その節は、大変お世話になりました > お店の皆様)。

そこで分かったのは、上述の状況になっているのは、小生のカメラとレンズだけでなく、傾向はみな同じ。
・CONTAX G1 + Hologon のシャッタースピードは、CONTAX G2 + Hologon の場合より数段遅くなる。

実写でフィルムを感光させてみると、CONTAX G1 + Hologon だと明らかに露出オーバー気味になり、CONTAX G2 + Hologon だとわずかに露出オーバー気味に。
ネガフィルムを使用すれば、ある程度、露出には尤度がありますが、CONTAX G1 + Hologon の場合は、ぎりぎりのところになろうかと。


それで、試写。
これは、室外(お散歩)での撮影ですが、ここに至る前に自宅周辺と室内で、合計2本のフィルムを使用して、確認してきています。
結果は、いずれも CONTAX G1 + Hologon では露出オーバーなネガになっておりました。
今回は、上述のCONTAX専門店での確認作業を終えた後のぶらぶら散歩中での撮影。



[CONTAX G1 + Hologon による露出チェック]
G1_Hologon_03d
CONTAX G1 + Hologon T* 16/8, Kodak T-MAX 400
Self Development
Scanner: CanoScan 9000F + Silverfast SE plus


左がプログラムAEのまま、右がプログラムAEで補正をマイナス2したところ。
一見、左の方(プログラムAEのまま)が適正露出に近い、と見えますが、実は、このときのフィルム現像処理がうまく行っておらず、やや現像不足(絞り1段ぐらい、現像液温度が低すぎた?)。同時に現像したフィルム(Zeiss Ikon で撮影しているので、撮影上の露出はあっているとの前提)は、現像不足のネガになってしました。
ということを差し引くと、左側(プログラムAEのまま)は露出オーバー気味に、右側(AE補正マイナス2)はより適正露出に近づきます。

このときのフィルム1本全体を通して、適正露出はプログラムAEマイナス1、のように思えました。
(実際にはフィルム感度を上げて撮影ってのがよさそうですな、ISO400なフィルムならISO800に手動設定するって)

前兆が無かったわけではなく、思い出すと昨年末、みなとみらいでの朝ブラ・ブラパチの逆光状況での撮影
逆光補正でAEプラス2で撮影した写真が、ことごとく露出オーバー気味になっていたのです。



なぜ、こうなったのか?
それも、小生の CONTAX G1 だけでなく、他の本体も合わせて....
それがナゾなんです。

CONTAX専門店の皆様に見てもらい、そこから京セラにも質問してもらったのですが....、
・CONTAX G1 の外部測光機能はあまりアテにならない(極論すぎ....)
・前かがみになると撮影者やカメラ本体が陰を作ってしまう(から、暗く感じている?)
・これまでそのような問い合わせをもらったことはない(それは、もう修理受付期間をすぎているからでしょ?)
なんてことになってしまいました。


も、もしかして....
経年劣化で外部測光セルが曇ってきた(だから暗く感じて、シャッタースピードが遅くなる)????
....それにしても、今回お店で試したきれい目な CONTAX G1 のいずれもが同じ状態だからなぁ....
....いっぺんに、同じように劣化が進む、っていう理想的な品質管理をしているようには思えないしなぁ....

CONTAX G1 + Hologon は、ある意味、究極のスナップマシンかと。
当面はAE補正をかけて、スナップ撮影にいそしみたいな、と。


皆さんのところではどうですか?
(って、答えが返ってくることはナイかも???)

tag : Camera.CONTAX-G Lens.HologonT*16/8 Films.Kodak-TMAX400 街.新宿・代々木 道具.カメラ小物

コメント

非公開コメント

No title

まったく気がついていませんでした。う~ん、そういうことがありますか。
しかし、即行動力とその突き進み方はいつもながら見事ですね。
WeekendOutdoorsさんのまさに持ち味ですよ。
鈍感な私は気がつきませんでしたので、今度の休日にためしてみたいと思います。

私にとってHologonとの相性はG1よりG2なんですね。なのでたいていG2につけて歩きます。
・G1はG2よりシャッターのタイムラグが大きい。Hologon以外はそうでもないんですが。(個体によるのかもしれません)
・Hologonのときはボトムグリップをつけてるんですが、G1の三脚穴の位置はグリップでカメラを支えたときのバランスが悪い。
・指写りで何度もガックリしましたので、大きいG2の方がマシかなと思いまして。

Re: No title

binbilluさん、コメントありがとうございます。

> まったく気がついていませんでした。う~ん、そういうことがありますか。

binbiiluさんがお持ちの CONTAX G2 + Hologon では、それほど気にならないかもしれません。

> しかし、即行動力とその突き進み方はいつもながら見事ですね。
> WeekendOutdoorsさんのまさに持ち味ですよ。

いえいえ、今回はかなり大きな差だったので、気づいた次第。
どんどん写真を撮りたいと思うので、気になることはなるべくつぶしておこうと思って。

> 鈍感な私は気がつきませんでしたので、今度の休日にためしてみたいと思います。

なにか分かったら、ご教示いただければ。

> 私にとってHologonとの相性はG1よりG2なんですね。なのでたいていG2につけて歩きます。
> ・G1はG2よりシャッターのタイムラグが大きい。Hologon以外はそうでもないんですが。(個体によるのかもしれません)

確かに、軽快な G1 ではあるのですが、おっしゃるとおり、シャッターが落ちないときがあったり、まったりはしていますよね ;-<

> ・Hologonのときはボトムグリップをつけてるんですが、G1の三脚穴の位置はグリップでカメラを支えたときのバランスが悪い。

グリップですか、よさそうですね。
今度試してみようかな。

> ・指写りで何度もガックリしましたので、大きいG2の方がマシかなと思いまして。

中古市場では、G2もそれなりにこなれてきたので、G2 ってのが、次なる選択かもしれませんね、この Hologonを使い続けるとしたら。
なにせ、ライカマウントに改造しても、後ろ玉の出っ張り具合が大きすぎて、Zeiss Ikon では使えないそうですので。
プロフィール

Weekend Outdoors

Author:Weekend Outdoors

検索フォーム
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
タグ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
参加しています
にほんブログ村