梅雨時はあじさい

でしょ。


[あじさい1]
あじさい1
Canon EOS 7 + Sigma Zoom 24-70/3.5-5.6, Kodak PORTRA 400VC
Scanner: CanoScan 8800F + Silverfast SE plus



続きを読む

tag : Camera.Canon-EOS Lens.Sigma24-70/3,5-5,6 Films.PORTRA400VC 街.大森・蒲田 花.あじさい

Run!

[Run!]
Run
Canon EOS 7 + Sigma Zoom 24-70/3.5-5.6, Kodak PORTRA 400VC
Scanner: CanoScan 8800F + Silverfast SE plus


続きを読む

tag : Camera.Canon-EOS Lens.Sigma24-70/3,5-5,6 Films.PORTRA400VC 行事.運動会

Wishing For A Sunny Day!

[Wishing For A Sunny Day!]
WishASunnyDay
Canon EOS 7 + Sigma Zoom 24-70/3.5-5.6, Kodak PORTRA 400VC
Scanner: CanoScan 8800F + Silverfast SE plus



続きを読む

tag : Camera.Canon-EOS Lens.Sigma24-70/3,5-5,6 Films.PORTRA400VC 街.大森・蒲田

AEロック!

取扱説明書はちゃんと読みましょう、というオチです。

続きを読む

tag : Camera.CONTAX-G Camera.CONTAX-T2 Camera.CONTAX-TVS2 Camera.Canon-EOS

Zeiss沼1丁目

今日は雪が降ったりして、外に出て撮影! なんてことは思えませんでした。

そんなわけで、今の CONTAX 生活に至るまでを少し回想。


カメラの思い出があるのは、高校の修学旅行。
父の一眼レフ、Nikonだったような、を持って撮影していたことを思い出します。
それ以外には、Kodak の 110(ワン・テン) の記憶もありますね。

次は、Olympus XA。
これは使い倒しましたね。
どこかに行く時には、ずっとポケットに入っていたような。

会社に入ってから、Canon EOS Kiss を手に入れました。
自分的には、本格一眼レフ。
ズームレンズも初めて。最初は 35-105mm でしたが、山歩きの友にしだしてからは、24-70mm を常用するようになりました。予算もないので、TAMRON の 24-70 1:3.3-5.6 でしたが、とても使いやすくて、これ一本で色々なところに出かけて行っては写真を撮っていました。後日、具合が悪くなってからは、SIGMA の同スペックのレンズにしています。

ということで、以来、しばらく EOS Kiss とすごすことに。



子供も出来て、妻と共にこの EOS Kiss でわが子を撮りまくりました。
しかしながら、我が家の家族スナップで必須のデート写し込み機能の具合がイマイチになってきました。
撮影しては現像+プリント、写真屋でもらえる簡易アルバムに詰め替えることしかしなかった我が家では、写真に写し込まれている日付が、記憶とつなげる唯一の方法だったのです。
この機能がオボツカナイと、我々の記憶と写真は結び付けられなくなってしまうのです。

そこで、カメラを買い換えることを決意したのです(大げさですが)。

時に2009年の夏。


まず Canon のWebサイトを見て、びっくり。もう35mmフィルムのカメラがない! のです。
そう、35mmが前提の家族写真専門の我が家は、完全に時の流れに置いてきぼり。まさにガラパゴス諸島、状態。

無理して35mmフィルムのカメラを探すと、AF一眼レフで価格が30万円!
コンパクトタイプでも10万円!!
頭がクラクラしてきます。

ふと思い直して、中古カメラを検索。
あるではないですか、高嶺の花だった EOS-1 も買えない値段ではありません。
そこで、とりあえずは交換レンズの関係上、まじめに Quartz Date 機能のついたそれなりの個体、Kissはプラスティックボディーでチャッチイので、この際、普通のEOSを選んで、EOS-7に落ち着きました。額は1万円。

中古EOSを手に入れた店のショーウィンドウにコンパクトカメラがあることに気づきました。
そう、発売当時めちゃくちゃ高くて、レンズ交換もできなければ、ズームでもないコンパクトカメラ、CONTAX T2です。それも価格は3万円しない、つまり、発売当時の値段の実に1/4以下。

新規EOS導入費用が思いのほか安く上がったので、ついでにこの CONTAX T2 をお遊びで手に入れてみようか、と。

Titanum Black の本体、元箱、取説、オリジナルケースとストラップつき、という完全セット。
但し、正面向かって右下、電池入れのそばに、ひとつ、コツンがあります。
ファインダーも、内部も美麗だったので、思い切って手に入れてみました。

早速、わが子を相手にフィルム2本。
仕上がってきたプリントに目を疑いました。
いわゆるボケ具合、色の鮮やかさが、情景まで写し込まれているかのよう。

それが、小生の Zeiss底なし沼への第一歩。

ココから先は、また自戒、もとい、次回。

[我が CONTAX T2]
CONTAX-T2

tag : Camera.CONTAX-T2 Lens.SonnarT*38/2,8 Camera.Canon-EOS

プロフィール

Weekend Outdoors

Author:Weekend Outdoors

検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
タグ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
参加しています
にほんブログ村