FC2ブログ

現像風景

小生宅の自家現像セット、初公開!
ってほどのものでもないのですが、備忘録的に載せてみます。



まずは全景。


[現像風景 1a]
現像風景01a



さすがに専用の場所を作れない現状としては、洗面台と風呂場が、現像作業場所となります。

画像は、配置完了の時点です。
まだまだ水道水の水温が高いため、画像にあるように保冷剤(ハードタイプ)をどっぷりとバットに浸して、現像タンクなんてその上に直接乗っけていたりします。
薬液とバット内水温が概ね20度にキープできるようになったら、保冷材をバットから出して現像作業に入ります。
温度はいつも見ていて、上がったら、また、保冷材を浸すなりして20度をキープできるように努めます。
これからの季節は少しは水温管理が楽になるかな、なんて期待しております。

というわけで、目の前の洗面台には、現像タンクを配します。


[現像風景 1b]
現像風景01b


上述の通り、まだ保冷剤が入っています。
まずは現像作業なので、現像液がバットに入っています。



右手方向の棚の上には、それ以降の作業に使う薬液を配しています。


[現像風景 1c]
現像風景01c



ここは、500ccビーカーと短い温度計を手に入れてきたので、自家現像道具としては、かなりコンパクトに収まるようなりました。
手順をよくよく考えてみれば1回当たりの薬液の最大準備数量は、高々500ccで間に合ったのですが、やってみないと分からなかったこととして自分の中では許容します(笑)。


薬液温度管理の点から言えば、もしかしたら、容量の大きいビーカーの方が良いかもしれません。
・容量の大きなステンレスビーカーは、熱容量も大きいため温度変化が鈍感、つまり、一度20度に設定するとキープし易いのではないか
・容量の大きなビーカーに薬液を入れると底の方に浅く広く溜まるため、バットに貯めた水との接触面積(ビーカーを介した)が大きく取れることから、薬液温度調節がすばやくできそう
 (容量の小さいビーカーに薬液を入れると嵩が高くなり、バットの恒温効果が期待できなくなる、のではないか)


ビーカーに挿している温度計は、薬液をタンクに入れる際にゴロゴロと邪魔になりますので、洗濯ばさみで固定しています。
LPL社にはステンレスの外套とクリップのついた温度計がありますが、ステンレス外套と温度計の隙間の薬液を拭うのが面倒そう(潔癖症か?)なのと、価格差から、素の温度計にしました。
ちなみに、温度計本体は同じもののようで、20度の指標が他よりも太くなっています。



[現像風景 1d]
現像風景01d


普段は家人が寝静まった頃に行うのですが、この日は時間があったので朝食後に。
子供にも手伝ってもらいました。
薬液が目に入らないように、ゴーグル(保護メガネ)をしてもらっています。
小生も、この作業をするときには、コンタクトを外して、メガネでやることにしています。



[現像風景 1e]
現像風景01e


500ccのビーカーの使い勝手は、結構良かったですね。



ビーカーの取っ手あたりにテプラで番号「1」「2」...が貼ってあるのは、
1・・・現像処理:現像液
2・・・停止処理:停止液
3・・・定着処理:定着液
4・・・水洗処理:ワッシュエイド
5・・・乾燥処理:ドライウエル
と、現像プロセスの順番に番号化して、投入・排出の誤認を防ぐためです。
また、ろ過水は、水洗や薬液作成(希釈)用として多目的に使うため内容物の名称を貼ってあります。


水洗後のドライウエルは、実質的乾燥庫となる風呂場に置いてあります。



最後に、現像条件(レシピ)を忘れないようにボードに書き出して、洗面台の前面に置いています。


[現像風景 1f]
現像風景01f



汚い字で恥ずかしいですが....
タイマーは向かって左が現像作業時の経過時間表示、右側が定着作業の経過時間表示用となります。
これまでのところ、現像液投入から風呂場につるし終わるまで、1作業約35分というところでしょうか。



これからも少しずつ改良していきたいかな、と。

tag : 道具.自家現像

コメント

非公開コメント

No title

好きなモノクロ写真を
徹底的に追求する環境が整いましたね
どっぷり浸かる事をお祈りしています

Re: No title

Mさん、コメントありがとうございました。

> 好きなモノクロ写真を
> 徹底的に追求する環境が整いましたね
> どっぷり浸かる事をお祈りしています

まあ、ぼちぼちやってみようかな。
なんて思っているのですが、つい色々とやってしまっているようです。

まだまだ始めたばかりで、分からなかったり、悩んだりすることばかり。
今日は、以前専門ラボで現像してもらったネガと、自分で現像したネガを比較してみたりして。

ご笑覧戴き、引き続き、ご指導・ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。

No title

なるほど。バットをお使いですか。そのアイデア、いただきます。
洗濯バサミはワタクシも利用しています。
しかし、WeekendOutdoorsさん、なんでもトライされますね。すごい!

Re: No title

binbiiluさん、コメントありがとうございます。

> なるほど。バットをお使いですか。そのアイデア、いただきます。

ちなみに、このバットは、天ぷら用(揚げた天ぷらを置いておくための)です。
ホームセンターで、1つ350円で手に入れてきました。
テフロンコートされています。

100円ショップでステンレスのバット、これもてんぷら用でしたが、を手に入れてきましたが、これは深さが浅いため、単なる受けに使っています。

> 洗濯バサミはワタクシも利用しています。

洗濯ばさみは、使いようですよねw
プラモを作るときにも多用しております。

> しかし、WeekendOutdoorsさん、なんでもトライされますね。すごい!

思い立つと、ある程度のところまで行ってしまうようです....
プロフィール

Weekend Outdoors

Author:Weekend Outdoors

検索フォーム
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
タグ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
参加しています
にほんブログ村