FC2ブログ

梅雨時の南魚沼

[梅雨時の南魚沼1a]
梅雨時の南魚沼01a
SIGMA DP2s + SIGMA 24.2/2.8



と思ったのですが、いい天気でした。
しかしながら、最低最悪の釣行になってしまいました(小生人生比で2番目ぐらいか(※1:本文末尾に))。





さわりを最初にお話しすると....
この1日で失ったもの(ダメにしたもの)を列記します。
・転倒水没した拍子にフライロッドを川に流されてしまい、ロッド一式紛失(ロッドとリール)
・転倒水没で、フィルムカメラを水没させ、機能不全
・転倒水没時にかぶっていたキャップを流されて紛失
・倒れた拍子にロッドの上に覆いかぶさり、ロッド折損


幸い、身体には異常はなく、持参していた最後のロッドでイブニングまで釣りを続け、無事に帰宅することができました。



[梅雨時の南魚沼1b]
梅雨時の南魚沼01b
SIGMA DP2s + SIGMA 24.2/2.8



この日は最初から目指すポイントを決めていて、そこを目指しました。
途中、雲が切れてきて、靄(もや)が水田に上にたなびいていたので、フィルムとデジカメで撮影(冒頭の画像)。
支度をしている最中も、夏至を過ぎた夏の太陽光が山の稜線で切り取られた部分、日陰が段々となくなっていくさまを見ていて、季節がめぐっているなぁ、なんて思っていました。



[梅雨時の南魚沼1c]
梅雨時の南魚沼01c
Canon PowerShot D10



渓に降りると、透き通ったエメラルドグリーンの水の上を靄がたなびいています。


そんな風景をフィルムカメラで撮影しようとファインダーを覗きながら踏み出した足が石を踏んだ感触があったと思った瞬間、それが無くなり、急に全身に冷たさを感じました。
渓に落ちたのです。
それに気づくのに1秒ぐらい。
割と冷静にどこに上がろうかと考えながら、流れていく体を制止できなくてどうしたものかと考えつつもがく。
でもこの先、小さな滝状になっていたはずだから、そこから落ちたら痛そう、そこまでに何とかしなれば。
ウエストポーチに入れたペットボトルのせいで腰が上がり(浮き)、頭が下がっている、だから足は着かない。
サングラス越しに水中を見て、なんとか浅そうな所を発見。
そちらに手を伸ばして、川底を掴んで、岸に生えている植物の根に手をかけ、水上に顔が出る。
そこまで、想定20秒ぐらい、体感1分ぐらい。
上がる瞬間に鼻から水を少しだけ吸ったみたい、鼻の奥がつーんとしている。
全身冷たい渓流に漬かり、ぐったりと重い。
肩からかけていたフィルムカメラは、レンズにもファインダーにも水が入っていることが明らかに分かる状態。
落ちたところに戻ってみると、ロッドが無い。
落ちたところの流れに顔をつけて水中を見ても無い。
強い流れにもまれて、下流へ行ってしまったのだろうか。
息は平常、体もどこも痛いところがない。
ただ、悔しさと反省で、気持ちがとても重い。


ここに佇んでいても仕方が無いので、一旦、車に戻ることに。



[梅雨時の南魚沼1d]
梅雨時の南魚沼01d
Canon PowerShot D10



もう夏を感じるような陽射し。
もう1本のフライロッドを準備して、落ちたところの少し下流まで戻り、流れに体を入れて手探り足探りでロッドを当たるも、見つけられず。

もう1本のロッドで、釣り上がって行きます。



[梅雨時の南魚沼1e]
梅雨時の南魚沼01e
Canon PowerShot D10



いくつかイワナが出てきて、ほっとします。



[梅雨時の南魚沼1f]
梅雨時の南魚沼01f
Canon PowerShot D10


もともと長い区間だったので、トラブルがあったこともあり、普段より時間が余計かかかっていました。


昼も過ぎ、1時も回ったので、そろそろ上がって、という焦りが出てきました。
気をつけなければと思った瞬間、ブッシュに足を取られ、転倒。
転倒の瞬間にロッドを放り投げたのですが、それもブッシュに阻まれ、小生が倒れるあたりまでしか行けず。
幸いやわらかいところに体が落ちて、どこも痛くは無い。コツンと頭を打った程度。
起き上がると、体の下にロッドが....
無事であれという想いも虚しく、継ぎ目あたりで折れていました。


ここで憂えていても何も解決しないので、渓を遡り、直ぐ先にある橋のたもとから道に出て、車に戻りました。



1日に2本、それも数時間のうちに。
失意の中、昼食を摂りにいつものお店に。



[梅雨時の南魚沼1g]
梅雨時の南魚沼01g
SIGMA DP2s + SIGMA 24.2/2.8


移動途中に見つけたふようの花に癒されたりして。


[梅雨時の南魚沼1h]
梅雨時の南魚沼01h
SIGMA DP2s + SIGMA 24.2/2.8



上記の話しをして、店主も気をつけてくださいね、と。(おそらく、そんな危ないことはしないでしょうけれど)



気持ちを切り替えて!
ガッツリ食べましたよ、昼食。
生姜焼き肉定食 と かぐらなんばんの肉詰め煮 !!


[梅雨時の南魚沼1i]
梅雨時の南魚沼01i
SIGMA DP2s + SIGMA 24.2/2.8


これが南魚沼地域の夏の風物詩、かぐらなんばん。
まだ出初めで、辛さはほとんどないとのことですが、この皿の2つのうち1つは、その辛さの片鱗を感じさせてくれました。



[梅雨時の南魚沼1j]
梅雨時の南魚沼01j
Canon PowerShot D10



おなか一杯になったら、今度は猛烈な睡魔。
早くお昼寝ポイントに行って....、爆睡1時間。



[梅雨時の南魚沼1k]
梅雨時の南魚沼01k
Canon PowerShot D10



本日手持ちのロッドは6ft足らずのショートロッドのみ。
これで楽しめそうなところでイブニング。
なんとかいくつかのヤマメとイワナに出会うことができて、納竿。


[梅雨時の南魚沼1l]
梅雨時の南魚沼01l
Canon PowerShot D10



昼食に腹一杯食べ過ぎたのか、大きな失望からか、空腹を感じませんでした。
いつもなら停まる上里SAでのラーメンとコーヒーは摂らずに、帰宅。

反省、失意の多かった1日を終えました。


これにまつわるモロモロは、別報にて。





※1の注釈:

これまでの「最低最悪の釣行」は、熱中症になってしまったことかもしれません。
今回は、命の危険はあったものの、最終被害は物質的損失。(命の危険は、大きな反省材料です)

熱中症の怖いところ、当人は直前まで気づかない点。
あれ? おかしいな?? と思った時には遅く、朦朧とする意識、体の痙攣が始まり、体が思うように動かない。
でも、車を止めたところまでは約1時間歩かないと着かない。
ふらふらと林道を歩いて、何度ここはどこだろうと思ったことか(狐につままれた状態)。
その日は、早めに車中泊で、翌日早朝にガンガンする頭で、帰宅。
医者に行って、抗生物質と熱さましをもらって、三日三晩、床に伏していました。
家族の白い視線を浴びつつ(丁度、小生が夏休み期間だったので、コレが正直辛かった)。

それ以降、熱中症対策は忘れずに行い、再発はしておりません。

夏は熱中症に気をつけて! と各所で言われてはいますが、なっていることを本人が自覚するのは、ほぼ不可能です。
かかる直前まで気づかず、なんだか気分が悪いと思ったら、もうアウトです。

これを読んでくださっている方々には、是非気をつけていただきたい。

熱中症は、他人事ではありません。
過労・疲労の蓄積は禁物、休憩も必要、水だけではなく塩分も摂取....
巷で言われていることは、自分に合った形で、できるだけ取り入れたほうが良いでしょう。
かかってからでは遅い、回りに人がいれば助けてもらえる可能性はありますが、単独行動なら対処(事後)ではなくて回避(事前)を第一にすべきです。

この夏、皆さん、ご安全に!

tag : Camera.Canon-PowerShotD10 Camera.SIGMA-DP2 釣行.南魚沼

コメント

非公開コメント

!?

大事に至らずに良かったですね(>_<)

読んでいて、ハラハラしましたよ、マジで(ノ△T)

怪我がなかったのは、ほんとに良かったですf^_^;

Re: !?

赤杖さん、コメントありがとうございました。

> 大事に至らずに良かったですね(>_<)

ご心配おかけしました。

> 読んでいて、ハラハラしましたよ、マジで(ノ△T)

自分でも驚くぐらい(?)、冷静で、自分がどうなっているのかと言うことを外からみているような感覚でした。

> 怪我がなかったのは、ほんとに良かったですf^_^;

その通りです。
命あっての、と言うところかと。

No title

いやー大変でしたねぇ、体はご無事なようでなによりです。
一昨年、川でコケてデジイチをダメにしましたが釣れた良型のヤマメは放しませんでした(笑)

熱中症、ボクも気を付けようと思います。

Re: No title

jacamanoさん、コメントありがとうございました。

> いやー大変でしたねぇ、体はご無事なようでなによりです。

ご心配おかけしております。

> 一昨年、川でコケてデジイチをダメにしましたが釣れた良型のヤマメは放しませんでした(笑)

カメラに関しては、小生も何度もイタイ想いをしておりまして。
今回の反省に立った機材選びを考えております。

> 熱中症、ボクも気を付けようと思います。

是非に。
熱中症、油断されませぬように。
プロフィール

Weekend Outdoors

Author:Weekend Outdoors

検索フォーム
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
タグ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
参加しています
にほんブログ村